運動でAGAを予防

運動でAGAを予防しよう

運動

運動と髪の毛には特に関係性がないと思っている方はいらっしゃいますが、決してそんなことはありませんし、AGA(男性型脱毛症)の予防に欠かせない要素の一つとなっております。

 

運動不足に陥っていると血行不良が生じ、頭皮から毛根への栄養補給が阻害されて直ぐに抜けるような髪の毛ばかりが生えてしまうため、運動がAGAの予防に効果的だと考えられているのです。

 

毎日の生活で運動をしっかりと取り入れていれば強くて太い髪の毛が育ちやすいですし、身体を引き締めてメタボの改善にも繋がるのではないでしょうか。

 

現代人の男性は特に摂取するカロリーが多い割には運動量が少ないというデータが出ているので、脂肪を減らしてスリムな体型を維持するためにも毎日の運動は必要だと説明できます。

 

AGAの予防に焦点を当てるのであれば、ウォーキングやジョギング、サイクリングを中心とした酸素を消費して筋収縮のエネルギーを発生させる有酸素運動が実に効果的です。

 

有酸素運動は心肺を発達させて血液循環を促す効果があるので、短距離走や重量挙げといった短時間で最大の運動負荷をかける無酸素運動よりもAGAの予防に繋がりやすくなっております。

 

激しい運動が苦手という方でも、1日に30分間程度のウォーキング程度であればできるはずなので、AGAの発症年齢を早めないためにも、日頃から身体を動かす訓練をした方が良いかもしれません。

 

また、運動は血行促進を促すだけではなく、毛髪の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌量を増加させたり、脱毛ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)を汗と一緒に体外に排出したりする効果があります。

 

AGAの治療で使用されるプロペシアはDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されにくくなる医薬品で、定期的な運動にもプロペシアと同じ作用が得られるというわけです。

 

社会人になって身体を動かすことから離れていると、急に運動を始めるのは難しいかもしれませんが、気軽に考えるのが良いでしょう。

 

上記でご紹介した1日に30分程度のウォーキングでも意味はありますし、入浴後や就寝前のストレッチだけでも血行促進効果とリラックス効果の両方を得られます。

 

それに、通勤の際に車やバスといった交通機関を利用するのではなく、通える範囲であれば徒歩や自転車を利用し、駅のエスカレーターを使わずに階段で上り下りをするのも選択肢の一つです。

 

しかし、このような予防を心掛けていたといても、発毛効果を大きく上げられるわけではないので、既にAGAを発症している方は当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでの治療をおすすめします。

 

個人のAGAの症状に合わせて専門医が治療法を決めてくれますし、日常生活の送り方に関するアドバイスも貰えるはずなので、是非湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAの予防」に関するページ