AGAを早期発見しよう

AGAを早期発見しよう

どのような病気でも早期発見・早期治療を心掛けることが最も大切で、髪の毛が徐々に薄くなるAGA(男性型脱毛症)も決して例外ではありません。

 

20代や30代といった若い男性の方は自分の髪の毛の悩みを抱えるケースが少ないかもしれませんが、早い人では20歳を超えた当たりで自分の髪の毛や頭皮に異常が生じることがあります。

 

既に脱毛が激しく進行した状態から改善するのは難しくても、早期発見して適切な治療を施していればヘアサイクル期間を延ばし、AGAに悩まされずに済むかもしれないのです。

 

AGAの症状の進行スピードには個人差が生じており、一概には説明できないものの、進行性の病気という点では変わりないので放置していれば確実に抜け毛の量は増えて毛髪が少なくなっていきます。

 

これは頭皮に存在している毛母細胞が生涯で分裂できる回数があらかじめ決まっているからで、大よそ約40回〜50回程度になっており、この分裂回数が残っているうちにAGAを早期発見して対策を練ることが大事なのです。

 

1サイクルの期間が長くなれば自分が歳を取ってから毛母細胞の寿命を迎えるはずですし、70歳で薄毛になるのと40歳で薄毛になるのとでは気持ちの持ちようが大きく変わるのではないでしょうか。

 

仮に既にAGAを発症して薄毛が進行していたとしても手遅れというわけではありませんし、命の危険に関わるような病気ではないので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで治療を受けるべきです。

 

個人の症状に合わせた医薬品の処方から、毛根を移植する自毛植毛まで幅広い治療でAGAを対策できるので、まずは湘南美容外科クリニックを受診して無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、「最近抜け毛の量が多くなった気がする」「額が広がっているような気がする」とAGAの兆候を薄々感じていたとしても、薄毛を認めたくないということで気付かないフリをする方はいらっしゃいます。

 

確かに、自分で薄毛だと若い段階で気付くのはショックが大きいですし、家族や友人から指摘されて改めて認識する方は多いかもしれません。

 

しかし、早期発見できただけで実にありがたいことですし、適切な治療を心掛けていればAGAを克服してフサフサの髪の毛を手に入れることも十分に可能なのです。

 

完全に薄毛の進行をストップさせることができないにしても、少しでも進行を遅らせることは大事だと説明できます。

 

今や男性のAGAは女性のシミやシワといった肌トラブルと同じように無視できない大きなテーマですし、アンチエイジングケアは男性でも女性でも積極的に行うべきだと頭に入れておくべきです。


「AGAの予防」に関するページ