AGAと温冷浴

AGAと温冷浴について

温冷浴とは温冷交代浴とも呼ばれており、冷たい水とお湯を交互に浴びる入浴法となっております。

 

自律神経を整えたり低血圧を改善したりという効果があり、温冷浴を毎日の生活の中に取り入れている人は近年では多いかもしれません。

 

実は入浴時の温冷浴はAGA(男性型脱毛症)にも効果があり、それは血行促進作用が得られるからです。

 

もちろん、プロペシアやミノキシジルといった医薬品の使用とは大きく異なり、AGAの根本的な治療に繋がるわけではありません。

 

それでも、血行不良の状態が続いていると頭皮に行き渡る酸素や栄養素の量が少なくなり、直ぐに抜けるような弱々しい髪の毛ばかりになります。

 

結果的に薄毛が進行しても不思議ではないので、血行を促すために温冷浴を行うのは選択肢の一つなのです。

 

最初に熱いお湯をかけると毛細血管が広がり、その後に冷たい水をかけることによって体熱が逃げるのを防ぐために毛細血管が縮まります。

 

この毛細血管の伸縮と拡張を交互に繰り返すことにより、ポンプのような形で血流がアップするため、少なからずAGAの予防に繋がりやすいのは何となくお分かり頂けるはずです。

 

同時に、入浴している最中に頭頂部や前頭部などAGAによる薄毛が引き起こされやすい部位の頭皮マッサージを行えば、より血行促進に繋がってイキイキとした髪の毛が育ちやすくなります。

 

そこで、以下では温冷浴の正しい方法をご説明しているので、今直ぐにでも実践してみてください。

 

 

@最初に42℃程度の熱めのお湯に3分間程度浸かる

A腰湯や半身浴にすれば身体への負担を軽減させられる

B浴槽から出た後に冷水を手足を中心にかける

C手足の次に身体にも少しずつかける

D1分間程度に渡ってもう一度湯船に浸かる

Eこの行為を数回に繰り返し行うことで温冷浴は完了

 

 

水風呂の中にそのまま入るのは心臓に大きな負担が加わりますし、気温が低い冬場は少々厳しいかもしれません。

 

しかし、冷たい水を桶の中に入れて身体に少しずつかけるくらいならば、冬場でも風邪を引くことなく温冷浴ができるはずです。

 

血流のアップによって髪の毛の成長が促されるだけではなく、「美肌効果」「冷え性改善効果」「疲労回復効果」「免疫力の上昇」といった作用が得られます。

 

特別なグッズを購入しなくても、温水と冷水さえあれば自宅のお風呂の中で行えるので、最も手軽な健康法なのではないでしょうか。

 

もちろん、これだけではAGAの治療に結び付けるのは難しいので、あくまでも予防法の一つだと捉え、根本的な改善のために当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運ぶべきです。

 

症例数が多く実績を得ているAGA専門クリニックなので、一度湘南美容外科クリニックへと足を運んでみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAの予防」に関するページ