AGAの自己診断

AGAの自己診断について

家族や友人など他の人から指摘されて気付くことの多いAGA(男性型脱毛症)ですが、早めに発見して適切な治療を施すためにも自己診断を行うのは大事です。

 

自己診断で必ずしもAGAを発症しているかどうか見極めることはできませんが、自分の頭皮や髪の毛の状態を把握しておくことは非常に重要な要素となっております。

 

今は頭皮に悪影響が引き起こされていなかったとしても、AGAを絶対に発症しない男性の方はこの世にいないので、早めに発見することで色々な対策を打つことができるのです。

 

AGAには何かしらの前兆があり、「髪の毛が細くなってきた」「生え際が後退してきた」「1日に100本以上の抜け毛がある」「1cm〜2cmの短い髪の毛が抜ける」「頭頂部のボリュームがなくなっている」というのが主な項目となっております。

 

自分の頭皮や髪の毛を自己診断してみて、これらの項目に当てはまる数が多いという方はAGAの可能性がかなり高いので、早めに適切な処置を施した方が良いでしょう。

 

とは言え、このような自己診断で完全にAGAを発症しているかどうか見極めるのは難しいので、不安な方は自宅で処置を施せる遺伝子検査キットの「AGAドック」の使用をおすすめします。

 

通販で購入できる「AGAドック」は、自宅で両頬の内側の粘膜を採取棒で採取し、封筒を規定の場所へと郵送するだけでAGAかどうか診断してくれるのです。

 

病院での検査が受けられない方におすすめの方法ですし、AGAのアドバイスブックも付随されるので、是非「AGAドック」を試してみてください。

 

 

 

>>> AGAドックの詳細はこちら

 

 

 

さて、上記でご紹介した遺伝子検査キットを利用するメリットとしては、「将来の脱毛の危険度を把握できる」「自分に合った薄毛治療を考えられる」「AGAの治療薬の効き目があるかどうか判定できる」といった内容が挙げられます。

 

AGAの自己診断の方法としては最も簡単ですし、多少のコストがかかってしまったとしても誰にも知られずに自分の頭皮や髪の毛に引き起こされている現状を把握できるのはありがたいことです。

 

薄毛の原因とも言える男性ホルモンの分泌には個人差があるため極論を言うと予防のしようがないものの、普段の生活で行えることはたくさんあるのではないでしょうか。

 

ストレスを溜めないように運動をして発散させたり、バランス良く栄養素を摂取するために食事内容に気を配ったりと、AGAの予防に繋がるだけではなく健康にも直結してきます。

 

薄毛の予防に加えて健康的な身体を手に入れられるのは間違いなく一石二鳥なので、AGAの自己診断で発症のリスクがあると感じた方は生活スタイルを今一度見直すべきです。


「AGAの予防」に関するページ