AGAかどうかチェックしよう

AGAかどうかチェックしよう

AGA(男性型脱毛症)は一気に症状が進行するのではなく、徐々に抜け毛が増えて薄毛の部分が広がっていくという特徴があるため、知らず知らずのうちに引き起こされていることが多くなっております。

 

そのため、AGAを発症しやすくなる20歳後半の男性は、AGAの兆候が見られるのかどうかセルフチェックを行ってみるべきです。

 

セルフチェックで確実にAGAを発症しているかどうか分かるわけではありませんが、以下で記載した項目に当てはまる数が多い方は何かしらの対策を始めるようにしましょう。

 

 

  • 自分の頭皮を触って髪の毛が薄くなったと感じている
  • 以前よりも明らかに抜け毛の数が多くなった
  • 母方の祖父母が薄毛で悩まされている
  • 産毛のような短い髪の毛が多くなった
  • 髪の毛が成長しきる前に抜ける
  • 思春期以降に髪の毛が薄くなった
  • 頭皮のフケや痒みが発生している
  • ストレスを感じることが多い
  • 食生活が乱れている
  • 額の生え際が後退している
  • 寝不足の日々が続いている
  • 頭皮を自分の手で動かすと固いと感じる
  • 帽子やヘルメットを被る機会が多い
  • 同年代と比べて頭髪の量が少ない

 

 

上記のチェックポイントに当てはまる数が多いと、AGAが現在進行形で進んでいる可能性が高いですし、生活習慣が乱れていると症状が悪化しやすくなります。

 

AGAは一度発症すると自然に回復するケースはなく、悪化の一方を辿るということで、正しい方法で対策をしなければならないのです。

 

また、髪の毛が十分な長さではなく、短い状態のミニチュア毛の段階で抜ける頻度が多いという方はAGAを発症している可能性が非常に高くなります。

 

ミニチュア毛は細くて小さいのでお風呂の排水溝からすり抜けてしまうため、髪取りネットや髪取りフィルターといったグッズを使ってチェックしてみましょう。

 

抜け毛の総数だけではなく、ミニチュア毛までしっかりとカウントすることによってAGAの危険性を比較的早い段階で判断できます。

 

他にも、クリニックといった検査機関に出向く必要なく、付属の採取棒でこすり付けて粘膜を採取し、同封されている書類と一緒に送ってAGAかどうかチェックできる遺伝子検査キットの使用も選択肢の一つです。

 

当サイトでも「自分の髪の毛の将来が物凄く心配」という方のために、遺伝子検査キットの「AGAドック」をご紹介しており、簡単な検査を自宅で行って宅急便で返送するという簡単な手順で済むところが大きなメリットかもしれません。

 

遺伝子検査キットだけではなく、専門のクリニックが開発し頭皮ケアに最適なニーズプラスシャンプーが付属されるセットもあるので、是非「AGAドック」を利用してみてください。

 

 

 

>>> AGAドックの詳細はこちら

 

 

 


「AGAの予防」に関するページ