食事でAGAの対策

食事でAGAの対策をしよう

野菜

毎日の食事といった民間療法でAGA(男性型脱毛症)を対策できるかどうかは難しい問題で、今までの研究によって医学的な根拠や優位性は証明されていないのです。

 

「食事でAGAの対策を行うことで得られる効果には個人差があります」としか言えないのが現実で、根本的な治療は難しいと説明できます。

 

基本的にAGAはホルモンの影響で引き起こされる抜け毛や薄毛となっており、進行性の病気ということで食事内容に気を配ったとしても食い止めることはできないのです。

 

それでも、偏った食事を送り続けていると髪の毛に行き渡る栄養素が減って抜け毛が増えますし、栄養バランスの悪い食事はありとあらゆる病気の引き金となるので、AGAの対策に繋がらないとしても今一度見直すのは重要かもしれません。

 

私たち日本人は遥か昔から穀物や野菜類、魚類といった食事が中心となっておりましたが、近年の食生活の欧米化によって高カロリーや高脂肪の食べ物も食べるようになりました。

 

チーズやヨーグルトといった乳製品も出回り、これらの動物性食品ばかりを好んで食べていると、AGAの症状が悪化しやすくなります。

 

それは体内に余計な脂肪分が蓄積されることが大きな原因で、ドロドロの血液になって栄養分が全身の細胞に行き渡りにくくなり、当然のように毛髪も育ちにくくなるのでAGAの症状を進行させたとしても不思議ではないはずです。

 

そこで、AGAの対策のサポートをするには抜け毛予防に適している食品を毎日の食事に取り入れる必要があり、尚且つ栄養素が偏らないようにバランスにも注意した方が良いでしょう。

 

髪の毛に良いと考えられている食品は以下となっております。

 

 

  • タンパク質(髪の毛の主成分)・・・・納豆・豆腐・サンマ・卵
  • ビタミンA(血行の促進)・・・・ニンジン・カボチャ・レバー・ほうれん草
  • ビタミンB(新陳代謝の促進)・・・・牛乳・ピーナッツ・チーズ・わかめ・のり
  • ビタミンC(ストレスの緩和)・・・・ピーマン・ブロッコリー・トマト・キャベツ
  • 亜鉛(タンパク質の合成)・・・・イワシ・胡麻・牡蠣・ひじき・昆布

 

 

上記の食べ物は髪の毛と密接な関係性があるものの、どれか一つを中心的に取り入れれば良いわけではなく、バランス良く多品種を少しずつ食べなければならないのです。

 

ビタミンやミネラルを中心とする豊富な栄養素を普段の食事で摂取していれば、少しでも抜け毛を減らせるかもしれないので結果的にAGAの対策に繋がります。

 

しかし、上記でも説明したように食事の見直しでAGAの治療に繋がるわけではないので、症状が進行しているという方は当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックを受診し、専門医と一緒に対策を練ってみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAの対策」に関するページ