AGAと毛母細胞

AGAと毛母細胞について

現在では様々なAGAの対策や治療の方法がありますが、毛母細胞の寿命があるうちに何かしらの処置を行わなければならないという点では一緒です。

 

毛乳頭周辺にある細胞組織のことを毛母細胞と呼び、毛細血管から運ばれてきた栄養素や酸素をエネルギー源とし、細胞分裂を繰り返すことで髪の毛は作られます。

 

この毛母細胞の細胞分裂は無制限に繰り返されるわけではなく、人間では約50回と制限があるのです。

 

私たちのヘアサイクルは「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」と繰り返しており、成長期の期間は大よそ2年から6年なので、仮に50回で細胞分裂が打ち止めされたとしても100年間という寿命が毛髪にはあります。

 

しかし、AGAを発症している男性はヘアサイクルの成長期が著しく短くなり、半年間から1年間という短い期間で抜け落ちてしまうため、毛母細胞の寿命が比較的速く訪れて抜け毛や薄毛が進行していきます。

 

毛母細胞が寿命を迎えればどんな処置を施しても新しい髪の毛は生えないため、できる限り早急な対策を練らなければならないことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

風邪とは違ってAGAが自然と解消されることは100%ありませんし、一度発症すれば年齢を重ねるにつれて確実に症状は進行していきます。

 

今も尚、毛母細胞の分裂回数は減っているため、寿命を迎える前に対策を練るべきです。

 

当サイトでは、様々な視点からのAGA治療を実施している湘南美容外科クリニックをご紹介しております。

 

個人の症状に合わせた対策や治療が可能なので、まずは湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングで薄毛の悩みを告白してみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、AGAの対策や治療のためには、毛母細胞が寿命を迎える前に活性化させる必要があります。

 

毛母細胞の働きを活性化させることができれば、発毛と育毛が正しいサイクルで行われるため、抜け毛や薄毛といった症状の改善に繋がるのです。

 

最もオーソドックスなAGAの治療がプロペシアの服用で、上記でご紹介した湘南美容外科クリニックでも処方されております。

 

プロペシアを服用すれば酵素の働きを阻害でき、男性ホルモンが悪玉のDHTへと変化しなくなり、ヘアサイクルの乱れを予防できるのです。

 

成長期が長くなればそれだけ毛母細胞の寿命も伸びますし、DHTからの攻撃も減るので健康的な毛髪を維持できるのは間違いありません。

 

プロペシアの服用だけではなく、育毛剤や育毛シャンプーを使用して毛母細胞の活性化を促すのも効果的な対策の一つです。

 

「○○○を行えばAGA対策は完璧」と決められた方法はないので、ありとあらゆる視点からのケアを長期間に渡って行ってみてください。


「AGAの対策」に関するページ