AGAのガイドライン

AGAのガイドラインについて

男性型脱毛症診療ガイドラインは、日本皮膚科学会がまとめたAGAの診療方針のことを指し、長年に渡って蓄積された国内での論文や臨床データを元にして作られました。

 

近年では育毛に関する医薬品や商品の科学的根拠が乏しく、AGA(男性型脱毛症)で悩む方は、何を基準にして治療法を選べば良いのか悩んでいるかもしれません。

 

そのような方のために作られたのが男性型脱毛症診療ガイドラインで、数ある薄毛治療の中から効果的な方法を選出し、「A」「B」「C1」「C2」「D」という5段階でランク付けされております。

 

日本皮膚科学会とは抜け毛や薄毛といった皮膚に関する研究を行い、皮膚科学の進歩のために貢献することを目指す社団法人で、日本全国で1万人以上の会員がいらっしゃるのです。

 

その日本皮膚科学会がAGAの治療法をランキング別に掲示しているということで、男性型脱毛症診療ガイドラインは最も信頼できるのではないでしょうか。

 

実際のクリニックもこの男性型脱毛症診療ガイドラインに則り、患者さんがAGAを改善できるようにと有効性の高い治療を行ってくれます。

 

これから薄毛治療を始めAGAを対策していきたい方にとって、男性型脱毛症診療ガイドラインが心強い指針となることは間違いないので、以下を参照してみてください。

 

 

治療方法 推奨度 推奨度の分類
プロペシアの服用(ジェネリック医薬品を含む) A 行うよう強く勧められる
ミノキシジルの外用 A 行うよう強く勧められる
自分の髪の毛を移植する自毛植毛 B 行うよう勧められる
t-フラバノン外用(薬用バイタルチャージ) C1 行っても良いが十分な根拠がない
塩化カルプロニウム外用(カロヤン) C1 行っても良いが十分な根拠がない
ペンタデカン・サイトプリン外用(薬用毛髪力) C1 行っても良いが十分な根拠がない
アデノシン外用(薬用アデノゲン) C1 行っても良いが十分な根拠がない
ケトコナゾール外用 C1 行っても良いが十分な根拠がない
セファランチン外用 C2 根拠がないので勧められない
クリニックでの人工毛植毛 D 行わないよう勧められる

 

 

上記のような男性型脱毛症診療ガイドラインを参照すれば、自分がどのような方法でAGAを克服していけば良いのかある程度把握できるのではないでしょうか。

 

今までは効果的な治療だと思っていた方法でも、推奨度がDランクだったのであれば絶対に避けるべきですし、高い費用を支払わずに済むとともに後遺症や副作用のリスクを回避できます。

 

もちろん、日本皮膚科学会でAランクに設定しているAGAの治療法でも、得られる効果には個人差があるので絶対行った方が良いというわけではありません。

 

それでも、抜け毛や薄毛を克服するために試してみる価値は大いにあるので、男性型脱毛症診療ガイドラインでAランクに位置しているプロペシアとミノキシジルを当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで処方してもらうべきです。

 

湘南美容外科クリニックではこれらの医薬品の処方だけではなく、手術の中でも安全だと言われガイドラインでもBランクに設定されている自毛植毛も行われております。

 

専門医から詳しいアドバイスを聞きながらAGAの治療を施していくことができるので、まずは無料カウンセリングを実際に受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAの対策」に関するページ