自毛植毛によるAGAの治療

自毛植毛によるAGAの治療について

AGA(男性型脱毛症)の治療として海外で広まり、現在では日本でも取り入れられている方法の一つが自毛植毛で、自分の髪の毛を頭皮ごと移植するという最終手段となっております。

 

「AGA治療の最高峰」と自毛植毛は言われており、医薬品の服用と比べて高い効果を得られるのが最大の魅力なのです。

 

AGAの症状が進行している方でも男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部や側頭部の髪の毛は残っているケースが多く、この部位の毛髪を移植するのが自毛植毛となっております。

 

自分の頭皮に定着すれば自然な毛髪と同じように成長や生え変わりが可能となるので、カツラやウィッグと比べて遥かに自然な仕上がりになるところが自毛植毛のメリットかもしれません。

 

「大量の毛髪を移植したい」ということで、クリニックで人工毛植毛を受けようとしている男性の方はいらっしゃいます。

 

しかし、人工毛植毛は異物を頭皮に植え込むため拒絶反応が引き起こされやすく、自分の毛髪ではないので抜けたり生えたりというサイクルを繰り返すことは無く、抜け落ちるのを待つしかないのです。

 

自毛植毛にはこのようなデメリットがないということで、アメリカでは既に年間で10万人以上の方がAGAを治療するためにこの手術を受けているのではないでしょうか。

 

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも自毛植毛は行われており、薬物療法では改善されないというAGAの患者さんにこの施術を提供しております。

 

毛と毛を取り巻く環境が退化した箇所でも移植を行い、自然なイメージで毛髪を生やすことができるので、ロボットを使ったARTAS(アルタス)植毛を取り入れている湘南美容外科クリニックで自毛植毛を受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、自毛植毛を取り入れているクリニックは日本でも増えてきましたが、その方法には微妙に違いが生じております。

 

側頭部の毛根を採取して薄毛部分に移植させるフラップ法や、髪を採取する際にメスを使わずにパンチと呼ばれる器具を使って毛根をくり抜くFUE法などが一般的です。

 

どのような方法でAGAの治療を行っていくとしても、手術の前に麻酔を打つため施術中に痛みで我慢できないことはありませんし、安全性が比較的高いところが利点なのではないでしょうか。

 

ただし、「移植本数には限りがある」「術後に頭皮の腫れや神経の麻痺が生じる可能性がある」「切り取った部位に傷跡が残る」「費用が高額になりやすい」というデメリットが自毛植毛手術にはあります。

 

現代の医療は発達しているので目立つような傷跡が形成されることはありませんし、知覚過敏を中心とする術後の不快な症状も時間の経過によって自然と解消されるはずです。

 

また、クリニックで自毛植毛を受ける場合は事前に医師から詳しい説明を受けるはずですが、術後に一度毛髪の大部分が抜け落ち、成長して生え揃うまでに半年間程度の期間が必要だと頭に入れておかなければなりません。


「AGAの手術」に関するページ