注射によるAGAの治療

注射によるAGAの治療について

AGA(男性型脱毛症)の治療を行っているクリニックの中には、頭皮に薬剤を直接注射するという方法が採用されております。

 

注射によるAGAの治療は育毛メソセラピーと呼ばれ、メソセラピーは元々は美容整形で脂肪を除去するために脂肪溶解剤を注射して改善を得るというものでした。

 

育毛メソセラピーはこの美容整形での施術を応用化した治療で、普通にプロペシアやミノキシジルタブレットを服用するよりも薬剤が皮膚の中に浸透するので、より大きな効果を得られるという仕組みです。

 

個人のAGAの症状に合わせ、オリジナルのカクテルを注射で注入して抜け毛や薄毛を抑えていく治療が多くのクリニックでは採用されており、不足した発毛成長因子を補充して止まった成長シグナルを正常な状態に戻すことができます。

 

外科的な手術ということで、頭皮に注射を打った後に頭皮の腫れや痒みといった症状が引き起こされるかもしれません。

 

それでも、このような症状は一時的なもので時間の経過によって少しずつ解消され、専門医の指示に従ってアフターケアを行っていれば、重篤な事態が引き起こされることは絶対にないはずです。

 

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも、注射によってAGAの治療を促していくスマートメソが取り入れられております。

 

プラセンタ・ビタミン・ミネラル・アミノ酸といった発毛治療の万能薬とも言える成分が配合されており、痛みのない注射によってこのオリジナルカクテルを頭皮に注入していくのです。

 

毛母細胞を増殖させて発毛を促すという本来の目的だけではなく、同時に免疫力増強や疲労回復といった効果も得られるAGAの治療法なので、詳しい説明を湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングで受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、注射によるAGAの治療は男性だけではなく、女性でも受けられるというメリットがあります。

 

抜け毛や薄毛といった症状で悩むのは男性だけではなく女性も一緒ですし、男性と同じようにプロペシアを服用することができません。

 

プロペシアの服用による治療は男性しか受けられないと決まっており、錠剤の中に含まれているフィナステリドは女性にとって危険成分の一つなのです。

 

その点、頭皮に直接注射をするAGAの治療であればフィナステリドが含まれておらず、性別に関係なくクリニックで処置を施してもらうことができます。

 

中でもプラセンタエキスを頭皮に直接注射する方法が多くのクリニックでは採用されており、毛根の健康なリズムを取り戻してヘアサイクルを正常化させ、自然な発毛へと導いてくれるのです。

 

ただし、注射による治療に限った話ではありませんが、AGAを改善するためにクリニックを利用する場合は保険が適用されず、高い費用がかかると予想できるので事前に医師から詳しい説明を受けるようにしてください。


「AGAの手術」に関するページ