AGAの手術

AGAの手術について

「AGA(男性型脱毛症)を手術で改善することはできるの?」という疑問を抱えている男性の方はいらっしゃいます。

 

基本的にAGA専門クリニックを受診して治療を行なう場合、最初はプロペシアやミノキシジルといった医薬品を処方して様子を見ていくはずです。

 

しかし、医薬品の効果があまり見られない場合や、AGAの症状が進行して医薬品では改善が難しいと医師が判断した場合は、手術で薄毛を改善していきます。

 

AGAの手術として現在のクリニックで頻繁に行われているのが自毛植毛で、後頭部などに残された自分の髪の毛を脱毛部位に移植する方法を指し、非常に確実性の高い治療法なのです。

 

例えば、大正製薬から販売されている育毛剤のリアップは1ヶ月当たり約8,000円程度の費用がかかり、1年間で10万円を超えることも少なくありません。

 

しかも、これだけ高い費用を支払い続けてAGAの治療を行ってきたのにも関わらず、頭皮や髪の毛に変化がないというケースも十分にあり得ます。

 

育毛剤の使用が無意味というわけではありませんが、時間とお金を無駄にするリスクがあるため、AGAを根本的に改善するために専門のクリニックで自毛植毛の手術を行うのは選択肢の一つなのです。

 

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも、高い技術力を持った医師によるAGAの手術が行われております。

 

湘南美容外科クリニックの口コミを見ればお分かり頂けますが、実際にAGA治療を受けた患者さんからの評価は非常に高いのです。

 

AGAの症状が進行した方でも自毛植毛は受けられますし、湘南美容外科クリニックならではの自然な仕上がりが期待できるので、一度無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、AGAの手術として代表的な自毛植毛はクリニックによって大きく手順は異なります。

 

とは言え、基本的な流れは「生命力の強いドナーを後頭部から採取」→「採取した毛髪を脱毛部位に株分けする」→「マイクロパンチブレードで自然な仕上がりを目指して移植する」→「ガーゼと包帯で頭皮を保護」という感じです。

 

合成繊維で作られた髪の毛を移植する人工毛植毛のように、拒絶反応による頭皮の炎症や化膿、感染症といったリスクが引き起こされることはありません。

 

自分の頭皮に存在している髪の毛を別の部位に移すだけなので拒絶反応が引き起こされないことはイメージすればお分かり頂けるはずですし、定着率が非常に高いAGAの手術なので高い支持を得ているのです。

 

もちろん、このようなメリットだけではなく、莫大な費用がかかるのが自毛植毛の大きなデメリットで、AGAの症状が進行している方であれば100万円を超えるケースもあります。

 

それでも確実にコンプレックスを解消できる治療法ですし、多くのクリニックではローンでの支払いが可能なので、まずは無料カウンセリングで医師に相談してみてください。


「AGAの手術」に関するページ