AGAと頭痛

AGAと頭痛について

頭痛の症状が引き起こされやすい方は薄毛に悩まされやすいと言われておりますが、関係性が全くないとは言い切れません。

 

頭痛持ちの方や偏頭痛で悩んでいる方がAGA(男性型脱毛症)を発症しやすいというデータは出ていないものの、どちらも血行不良によって症状が悪化しやすくなっております。

 

AGAの直接的な原因は酵素の働きで男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変わることですが、頭皮周辺の血行不良によって栄養素が行き渡りにくくなって薄毛が進行するという特徴があるのです。

 

頭痛も同じように運動不足や姿勢の悪さによって血行が悪くなった時に引き起こされやすく、伸び運動やストレッチを行うことで改善される場合があります。

 

これは頭周辺の血流が良くなったからこそ、頭痛の症状も和らぐのではないでしょうか。

 

つまり、AGAの引き金にならないとしても、頭痛を頻繁に起こすような方は普段の生活に問題があって血行不良に陥り、薄毛の症状が加速されやすいので頭痛薬に頼るだけではなく、日々のストレッチなどを心掛けるべきです。

 

ストレッチといった運動で頭皮から老廃物が排出され抜け毛が減ると言われているものの、AGAを根本的に改善するのは不可能なので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへの受診をおすすめします。

 

湘南美容外科クリニックに在籍している医師の指示に従い、AGAの治療を行えば今の状態を打開できるかもしれないので、髪の毛の悩みを抱えている方は一度無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、AGAの治療で使われるプロペシアは内服薬となっており、専門クリニックの医師から処方を受けたり個人輸入代行業者を利用したりして手に入れることができます。

 

プロペシアの中には、テストステロンをDHTに変える酵素を阻害するフィナステリドが含まれており、フィンペシアやエフペシアといったジェネリック医薬品も同じ効能が得られるのです。

 

どの医薬品でも基本的に副作用があり、主な症状としては頭痛・腹痛・倦怠感・下痢・性欲減退・男性機能の低下が挙げられます。

 

AGAをプロペシアで治療していこうと考えている方の中で、頭痛を中心とした副作用が引き起こされるリスクがあるということで、不安を抱えることがあるかもしれません。

 

しかし、これはAGAの治療薬に限った話ではありませんし、ドラッグストアで販売されている風邪薬にも同じようなことが言えます。無理に服用量を増やさずに医師の指示に従って飲んでいれば、副作用が辛くて我慢できないという状態には至らないはずです。


「AGAの症状」に関するページ