AGAの前兆

AGAの前兆について

進行性のAGA(男性型脱毛症)には何かしらの前兆があり、いきなり抜け毛が多くなって薄毛が引き起こされるというわけではありません。

 

頭皮にコイン状の脱毛が形成される円形脱毛症であれば、自己免疫疾患によってふとした瞬間に脱毛が生じ、地肌が見えて男性でも女性でもビックリしてしまいます。

 

その点、AGAは基本的に症状がゆっくりと進むという特徴があり、何かしらの前兆を重ねて薄毛が進行していくという仕組みなのです。

 

つまり、抜け毛が多くなって薄毛の部分が広がってから何かしらの対策を練るのではなく、AGAの前兆が幾つか生じた段階で早期対応を行うことが最善の策だと説明できます。

 

ゆっくりと進行するからといってAGAを甘く見ている方はいらっしゃいますが、その速度が遅かったとしても確実に薄毛へと誘われていることには違いないので、今の自分ができる最大限のことを行わなければならないのです。

 

そこで、どのような症状が頭皮や身体にあらわれたらAGAの前兆だと言えるのか、下記の表を見てチェックしてみましょう。

 

 

  • シャンプーをした際に手にゴッソリと髪の毛が付着する
  • 床に落ちている抜け毛の量が多い
  • 細くて短い髪の毛が抜けやすい
  • 全体的に毛髪のボリュームがなくなった
  • スタイリングがしにくくなった
  • 分け目以外に割れ目が目立ってきた
  • 頭皮が硬くなった
  • 頭皮が赤くなった
  • フケの発生量が増えた
  • 前髪が薄くなってスカスカとするようになった

 

 

「上記の項目で○個に当てはまったらAGAを発症している」というような明確な指標はないものの、当てはまる数が多ければ多いほど注意しなければならないのは事実です。

 

中でも、細くて短い髪の毛が抜けやすくなった方はかなり危険度が高いと言われており、それはヘアサイクルが短くなっている証拠だと説明できます。

 

正常な状態であれば毛根からしっかりと毛髪が成長して長くなった後に抜けるという特徴があり、これは髪の毛が一生を終えて新しい毛が生えてくるというサイクルを繰り返しているからです。

 

しかし、細くて短い髪の毛というのは成長しきっていないことを指しており、そのような抜け毛ばかり発見される場合は間違いなくAGAの症状が進行している前兆だと言えるのではないでしょうか。

 

M字部分などから細くて短いミニチュア毛が簡単に抜けるという方は、正常なヘアサイクルよりも短くなっている可能性が高いので、できる限り早めにAGAの対策を行うべきです。

 

何かしらのAGAの前兆があっただけで、見るからに薄毛が進行している状態ではないのならば、オオサカ堂で販売されているプロペシアを服用するのは選択肢の一つとなっております。

 

病院で処方されるプロペシアよりも2,000円から3,000円程度安く、何よりもインターネットを利用して自宅で注文しAGAの進行をストップできるので、是非オオサカ堂を利用してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


「AGAの症状」に関するページ