AGAの割合

AGAの割合について

AGA(男性型脱毛症)を発症する割合は、一昔前も今現在もあまり変わらないと言われており、日本人の発症頻度は約30%程度だと考えられております。

 

とある製薬会社が行った毛髪に関する聞き取り調査で、2003年の段階で全国の20歳から69歳の8,100人の男性を対象にして抜け毛や薄毛の認識について尋ねてみると、30%を少し超えたくらいのデータが出ました。

 

25年前に考えられていた発症割合と大差なく、全国で薄毛を気に掛けている方は1,260万人を超えるみたいなので、AGAが決して特別ではないということがお分かり頂けるはずです。

 

抜け毛や薄毛を気に掛けている1,260万人の男性の中で、実際に何かしらのAGAの対策を行っている割合は約40%と、非常に少ないというデータが出ました。

 

AGAによって脱毛スイッチが一度入れば、自然と毛根が回復していくことはありませんし、進行性の病気なので確実に髪の毛は薄くなっていきます。

 

そのため、「まだ若いから放置しても何とかなる」という考えを捨てて、早めの段階からAGAの対策や治療を行っていかなければなりません。

 

何もクリニックで直ぐに手術を受けなければならないわけではなく、生活習慣の見直しだけでもAGAの進行を食い止める一つの手段となります。

 

脱毛ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)は体内で作られ続けるので、その状態を少しでも抑えるような対策を行っていくべきです。

 

既にある程度AGAの症状が進行してしまった方は、現状維持による対策だけでは急激な変化を得られないので、このサイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでの治療をおすすめします。

 

医薬品の服用にしても手術を受けるにしても、今の段階でベストな対策を一緒に考えてくれるので、湘南美容外科クリニックの専門医に悩みを打ち明けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、上記とは違った別の調査によると、抜け毛や薄毛を認識している人の割合は年齢が上がるほど高いということが分かりました。

 

年齢を重ねるほど薄毛の症状に気付きやすいのは、AGAが紛れもなく進行性の病気だということを示唆しており、20代の若者よりも50代の中高年の男性の方が自覚しやすいのです。

 

また、今現在の毛髪状態に懸念しているという方は逆に年齢が低くなるほどその割合が高まり、若者ほど将来に不安を抱きやすいからかもしれません。

 

60代や70代で定年を迎えた方は自分の薄毛で気にすることが少なくても、これからバリバリと仕事をしていく30代の男性がAGAだと自覚したらショックを受けるのは当然です。

 

しかし、落ち込んでいたところで現状を打開できるわけではないので、自分の毛髪に違和感を持った段階でできる限りの対策を打つ必要があります。

 

刺激の強いシャンプー剤での洗髪のし過ぎや外食中心の生活、過度のストレスといった要因でAGAの症状は進行しやすいのです。

 

そのため、シャンプー剤の種類や洗い方を今一度見直してみたり、食生活の乱れや寝不足など不規則な生活から規則正しい生活へと少しずつ変化させていきましょう。


「AGAの症状」に関するページ