AGAのスピード

AGAのスピードについて

「AGA(男性型脱毛症)はどのくらいのスピードで進行するの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

前頭部や頭頂部の薄毛の進行スピードには個人差が生じており、プロセスにも違いがあるものの、基本的にはゆっくりと確実に進行していくのです。

 

AGAは抗がん剤の副作用のように一気に髪の毛が抜け落ちるわけではなく、脱毛ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が産生されてヘアサイクルが乱れ、抜け毛が徐々に増えていきます。

 

正常なヘアサイクルは2年間から7年間程度ですが、AGAを発症している方は半年間から1年間程度と短くなり、その影響で正常な人と比べて薄毛の進行するスピードが速くなるのです。

 

ある程度AGAの症状が進行してから一定期間を経て、しばらく停滞するような方もいらっしゃるものの、現状維持はできても自然と回復するのは難しいのが大きな特徴かもしれません。

 

もちろん、普段の生活でストレスを抱えていたり、薄毛の進行自体に不安を覚えていたりすると抜け毛のスピードは速くなり、短期間で見た目に変化が出ることも十分にあり得ます。

 

生活習慣の見直しだけで抜け毛の進行スピードを抑えるのは難しいということで、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えてくれるプロペシアの服用が効果的です。

 

このサイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでもプロペシアの処方が行われており、酵素に働きかけて脱毛ホルモンを作られにくくしてくれます。

 

得られる効果には個人差がありますが、1年間の服用で現状維持を含めて改善へと向かった方は95%を超えておりますし、湘南美容外科クリニックであれば他の治療法も掲示してくれるのでまずは無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、AGAの進行スピードだけに焦点を当てれば、人によってそこまで大きな違いが出ることはありません。

 

こめかみのサイドから薄毛が進行してセンターの部分だけが残るM字型タイプよりも、前頭部から頭頂部にかけて広く脱毛していくタイプの方が症状の進行スピードが速いと言われております。

 

それでも、薄毛のパターンで大きな差が生じるというよりも、AGAの増悪因子があるかどうかの方が重要なポイントなのです。

 

上記でご説明した精神的なストレスだけではなく、頭皮の血行不良を引き起こす喫煙や偏った食生活を長期間に渡って続けている方ほど、AGAの症状に悩まされやすくなっております。

 

タバコを吸っている方はこの中に含まれている化学物質の影響で治療の反応が良くないというデータが出ており、慢性的なビタミン不足やミネラル不足も育毛に良くない影響が加わるのです。

 

AGA専門のクリニックを受診して治療を受ければ、このような生活習慣の乱れの改善も促されるはずなので、専門医の指示に従って克服していきましょう。


「AGAの症状」に関するページ