AGAとM字

AGAとM字について

おでこの生え際から後退して正面の部分だけが残ってしまうようなAGA(男性型脱毛症)の症状をM字型と呼んでおり、この薄毛で悩んでいる男性の方は非常に多くいらっしゃいます。

 

M字型のハゲが進行すると剃り込み部分がどんどん食い込み、頭頂部の薄毛と最終的には繋がって頭皮の髪の毛のほとんどがなくなってしまうのです。

 

AGAの症状の中でもM字型のハゲは治しにくいと言われており、これは血流が悪くなりやすい頭皮の中でも、額が更に流れにくい部分だからという理由で、有効成分が非常に届きにくくなっております。

 

プロペシアといったAGAの治療薬を服用しても、その有効成分が行き渡らなければ意味がありませんし変化を得られないので、M字型タイプの薄毛の方は効果があらわれるまでに時間がかかるのかもしれません。

 

それでも、クリニックの専門医の指示に従ってプロペシアを服用し、同時にミノキシジルが含まれた外用薬を使って対処していれば、M字型タイプのAGAでも改善は十分に可能です。

 

そこで、自分の判断で対処を行うのではなく、このサイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへの受診をおすすめします。

 

湘南美容外科クリニックではM字型ハゲやO字型ハゲなど、個人の症状に合わせて適切な治療法を用意してくれるはずです。

 

他のクリニックと比べてAGAの治療法の数が多く、様々なアプローチで対処できるので最初に無料カウンセリングを申し込んでみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、これはM字型のAGAに悩まされている人に限った話ではありませんが、普段の生活習慣に何かしらの問題が生じていることで薄毛の症状が悪化する可能性があります。

 

その一つが精神的なストレスで、人間はストレスを感じると頭皮が硬くなるという特徴があり、皮膚の下を流れている血管が萎縮して血行不良が引き起こされてしまうのです。

 

血行不良に陥れば毛髪に与えられる栄養素が阻害されやすく、太く長く成長する前に抜けてしまうので、AGAの症状が悪化しやすいことはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

また、脂ギッシュな方は頭皮に分泌される皮脂の量が多く、増えすぎたことにより毛穴の中に詰まり、老廃物を排出できなくなって髪の毛の生成に異常が生じる可能性があります。

 

刺激の少ないシャンプー剤を使って髪の毛を洗っていれば頭皮の皮脂が増えすぎることは無いものの、石油系界面活性剤といった洗浄力の強い成分が含まれたシャンプーを使っていると、頭皮が乾燥して余計に皮脂分泌が行われてしまうのです。

 

その影響でAGAが原因のM字型ハゲの症状も進行しやすいので、ドラッグストアで販売されているような安物ではなく、通販で刺激の少ないシャンプーやトリートメントを購入した方が良いかもしれません。/p>

「AGAの症状」に関するページ