AGAと炎症

AGAと炎症について

あまり気にしたことがないかもしれませんが、頭皮は身体の中でもデリケートな部位の一つで、ほんの少しの刺激でも炎症が引き起こされやすくなっております。

 

頭皮の炎症によって赤みが酷くなるだけではなく、髪の毛の生成に欠かせない毛根までダメージが及ぶことがあり、AGA(男性型脱毛症)の悪化に繋がることがあるのです。

 

つまり、AGAの治療のために医薬品の服用を心掛けるだけではなく、炎症を中心とする頭皮トラブルを解消しておくようにしましょう。

 

たとえ小さな異常だったとしても、頭皮トラブルを放置しておくことで髪の毛に悪影響が及び、AGAの症状が顕著になるかもしれないので早めの対策が必要なのはお分かり頂けるはずです。

 

頭皮の炎症が引き起こされる原因としては以下が挙げられます。

 

 

  • 毎日使っているシャンプー剤の種類が合っていない
  • 育毛剤の中に肌に合わない成分が入っている
  • アレルゲンによる接触性皮膚炎を患っている
  • 髪の毛の洗い方が間違っている
  • 太陽の紫外線による日焼けが生じている
  • 皮膚に棲み付いている常在菌の繁殖
  • カビの一種の真菌が発生している
  • 睡眠不足や食生活の偏りなど生活習慣が乱れている

 

 

以上のように、頭皮の炎症の原因は多岐に渡っており、どのような原因で引き起こされたとしても早めに対処しなければ症状は加速し、AGAにも悪影響を及ぼします。

 

目に見えるような異常が発生していないとしても、「頭皮のかゆみ」「フケ」「頭皮の赤み」の3つの症状が引き起こされている場合は要注意です。

 

頭皮のかゆみが酷くなると我慢していても無意識のうちに掻き毟ってしまうケースが多く、頭皮や毛根を傷付けてAGAの症状が進行してしまいます。

 

フケは新陳代謝が活発になって表面の角質が剥がれ落ちた際に生じる症状なので異常ではないものの、あまりにも増えすぎると脂漏性皮膚炎という病気を引き起こして髪の毛の成長が妨げられるのです。

 

このような頭皮トラブルの発生の原因として最も多いのが上記の項目で一番上に表示しているシャンプー剤の選び方で、石油系の界面活性剤が含まれているからかもしれません。

 

ドラッグストアなどで販売されている安物のシャンプーの多くは、洗浄力を強めるためにこの成分が配合されており、元々肌質が弱い方は炎症の大きな原因となるのです。

 

刺激の強い育毛剤を使っている場合も、同じように頭皮トラブルが発生しやすいので、自分の判断で使用するのではなくAGA専門クリニックの医師の指示に従って治療を進めていきましょう。

 

このサイトでご紹介している湘南美容外科クリニックには確かな知識と実力を持った医師が在籍しており、10時から19時まで診療を行っているので、AGAを克服するために無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAの症状」に関するページ