AGAと円形脱毛症

AGAと円形脱毛症について

同じ薄毛の状態が引き起こされるということで、AGA(男性型脱毛症)と円形脱毛症を混同する方がいらっしゃいます。

 

どちらも自分の髪の毛が抜け落ちる脱毛症には変わりないものの、引き起こされる原因や治療法は異なるので注意が必要です。

 

自分では年齢を重ねたことでAGAが引き起こされたと考えていても、本当は円形脱毛症が自分の頭皮に起こっており、今まで行ってきたケアが無駄になったという可能性は十分にあります。

 

そのため、抜け毛や薄毛の症状が酷くなって徐々に進行している方は、AGAだとしても円形脱毛症だとしても、医療機関を受診して早めの対策を練った方が良いでしょう。

 

そこで、2つの症状の違いをしっかりと見極めるために、下記で記載した表をチェックしてみてください。

 

 

AGA(男性型脱毛症) 円形脱毛症
原因 男性ホルモンがDHTに変化 正常な毛根を異物と間違えて攻撃する自己免疫疾患
発症要因 脱毛を引き起こすDHTの増加 主に精神的なストレス
症状 こめかみ辺りから後退
頭頂部から薄毛が進行
前頭部の生え際から薄くなる
丸いコイン状のハゲがあちこちにできる(多発性円形脱毛症)
頭全体がハゲる(全頭脱毛症)
まつ毛や眉毛も抜ける(汎発性円形脱毛症)
期間 徐々に進行 突然引き起こされる
年齢 主に思春期を超えた男性 性別や年齢を問わずに発症
治療法 医薬品や植毛手術 ステロイド剤の投与や局所免疫療法(SADBE)
治療後 完治できないものの進行は食い止められる 治療が成功すれば元通りに生える
特徴 自然と治らずどんどん進行する 特定の治療をしなくても自然に治るケースあり

 

 

以上のように、薄毛が引き起こされるという点では一緒でも、原因や治療法、そして発症メカニズムに大きな違いが生じていることがお分かり頂けたはずです。

 

円形脱毛症は主に精神的なストレスやアレルギー症状が起因となって免疫機能に異常が生じ、突然円形状の脱毛が頭皮にポツンと形成されます。

 

女性の場合は物凄く大きなショックを受けるかもしれませんが、皮膚科で適切な治療を行えば完治しやすい病気ですし、精神的なストレスが解消されれば自然と治癒する患者さんも少なくありません。

 

その点、AGA(男性型脱毛症)の場合は一度発症すれば自然治癒することはなく、どんどん進行していくのが大きな特徴なので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで適切な治療を受けるべきです。

 

髪の毛に関する様々な悩みを抱える患者さんのために、湘南美容外科クリニックでは治療を始める前に無料カウンセリングを行っているので、気軽に足を運んでみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAの症状」に関するページ