プロペシアによるAGAの費用

プロペシアによるAGAの費用について

フィナステリドという成分が含まれたプロペシアは世界60ヶ国で承認されているAGA(男性型脱毛症)の治療薬で、アメリカのメルク(Merck)社が開発してから日本にも広まり、国内ではMSD株式会社(旧万有製薬)が取り扱っております。

 

一般病院でプロペシアを処方してもらいAGAの治療を進めていくことは十分に可能で、クリニックによって異なるものの、大よその費用は1ヶ月当たり7,000円〜10,000円程度です。

 

フィナステリドは最初は前立腺肥大の治療薬として開発されていたのですが、試験者の副作用として薄毛の改善が見られ、育毛効果があるのではないかということで現在ではAGAの治療に役立てられるようになりました。

 

クリニックで処方してもらえば自宅でプロペシアを服用するだけでAGAの治療を施せますし、手術とは違って莫大な費用がかからないところも大きなメリットの一つだと説明できます。

 

プロペシアの服用でフィナステリドを体内へと取り込むことにより5α−リダクターゼと呼ばれる酵素が抑えられ、男性ホルモンのテストステロンが薄毛を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)に変わらないようにしてくれるのでAGAの治療効果が期待されているのです。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)がホルモンバランスを乱し、徐々にAGAを進行させていると考えられるので、その生成自体を抑えられるプロペシアは画期的な医薬品だと言えます。

 

数十万円という費用がかかるAGAの手術と比べればプロペシアの処方は安いですし、臨床試験の結果では約98%の人が現状維持や発毛を実感できました。

 

2005年に日本で厚生労働省に認可されてから利用者は確実に増えておりますし、日本皮膚科学会がAGAの治療として最も推奨しているAランクに位置しているので、一定の費用を支払って毎日の生活に取り入れる価値は大いにあるでしょう。

 

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも最初にAGAの治療としてプロペシアが処方されることが多く、その費用は4,200円と他のクリニックと比べて安くなっております。

 

この費用の中に初診料は含まれておりませんが、AGA専門の医師から生活習慣のアドバイスなども受けられるので、是非湘南美容外科クリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、AGAの治療薬であるプロペシアの服用によって急激に髪の毛が増えるわけではないものの、抜け毛の周期を遅らせて正常なヘアサイクルを取り戻すことができます。

 

髪の毛が生える周期の方が抜ける周期よりも早くなれば薄毛の進行は食い止められますし、結果的に毛髪が太くなったり増えたりというケースは決して珍しくありません。

 

世界的にも信用されている医薬品だからこそ現代においても服用する方は増え続けており、そこまで費用が高くないからこそ誰でもコンプレックスの種である薄毛を治すための治療に取り組めるのです。

 

このような説明を受けているとプロペシアはAGAの救世主なのではないかと考えるかもしれませんが、幾つかのデメリットもあるのできちんと把握しておく必要があります。

 

その一つが毎日飲み続けなければならないということで、1日1錠という目安摂取量があらかじめ決まっており、その用法と用量を守って最低でも半年間は続けなければ効果があらわれないこともあるのです。

 

プロペシア以外にも生活習慣の改善に取り組んでいれば自然と頭皮環境は良くなるものの、途中で服用を諦めるとAGAの進行具合は以前と同じ状態に戻ることを頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

また、クリニックで処方される場合は専門の医師から説明を受けるはずですが、「性欲改善」「勃起不全」「ED」「肝機能障害」といった副作用のリスクがあります。

 

ただし、副作用のリスクがあるのはプロペシアだけではなくどの医薬品でも一緒ですし、発症率は全体の1%〜5%と非常に低く、用法と用量を守っていれば安全に服用できるはずです。

 

以上のように、AGAの治療薬として採用されているプロペシアにはメリットとデメリットの両方があり、それをきちんと把握した上で毎日の生活に取り入れていかなければなりません。

 

「毎月にかかる費用を少しでも抑えたい」という方は、クリニックの処方よりも安い費用で入手できる個人輸入代行業者のオオサカ堂から注文してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら