未成年のAGAの対策

未成年のAGAの対策について

髪の毛が薄くなるというAGA(男性型脱毛症)は中高年の男性だけではなく、若者でも発症することが最近になって判明し、高校生や大学生といった未成年の方でも悩まされることがあります。

 

思春期は外見への拘りが非常に強いため、周りの友人と比べて髪の毛が細かったり薄かったりするだけでコンプレックスを感じることが多く、明らかに毛髪全体のボリュームがなくなる未成年者もいらっしゃるのです。

 

成人の男性と全く同じような治療とはいかないまでも、AGAで悩む未成年者は意外と多いですし、症状を改善するための治療を受けることは可能となっております。

 

ただし、基本的にAGAの治療は20歳からと言われており、医療機関を受診したとしても成人の男性と同じようにプロペシアといった医薬品が処方されることはありません。

 

仮に思春期真っ盛りの高校生がAGAを発症しているとしても、AGAの治療薬として日本皮膚科学会からも推奨されているプロペシアは未成年者は服用できないという決まりになっております。

 

患者さんが未成年と分かっているのにも関わらず、AGAの治療薬のプロペシアを処方してトラブルが生じればそれだけで医師の責任となり、医師免許を剥奪される可能性もあるのです。

 

プロペシアの中に含まれている主成分はフィナステリドと呼ばれており、脱毛ホルモンのDHTの働きを抑えるという効能を持ち合わせているので抜け毛を抑えて現状維持したり発毛を促したりしてくれます。

 

しかし、性機能障害や精力減退という副作用が報告されており、発症率は低いとしても未成年が服用することで、成長段階にある生殖機能に何かしらの障害が生じるリスクがあるので処方が禁じられているのです。

 

ミノキシジルも同じように発育途中の未成年の身体には大きな負担が加わるということで、どのクリニックを受診したとしても医薬品の服用による治療は絶対に推奨されないでしょう。

 

何となく髪の毛が薄くなったと感じていたとしても、未成年者であればそこまで激しくAGAの症状が進行しているとは考えにくいですし、脱毛を少しでも抑える治療を行っていきます。

 

学校での人間関係が上手くいかなくなってストレスを感じていたり、整髪料の使い方やシャンプーの仕方が間違っていたりという日常生活に何かしらの要因が潜んでいることで、一時的に脱毛が起こっているケースも未成年者ではあり得るのです。

 

AGAは確実に進行する病気だとしても、一気に髪の毛が抜け落ちるようなケースは絶対にありませんし、未成年者が直ぐに医薬品や手術による治療を選択しなければならないわけではありません。

 

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも未成年者へのAGAの治療は行っておりますが、他の病院と同じようにプロペシアやミノキシジルの処方は行われないはずです。

 

それでも、生活習慣を見直すアドバイスを専門医から受けられますし、ミノキシジル以外の成分で作られた育毛剤を紹介してくれるかもしれないので、不安を抱える方は湘南美容外科クリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAと年齢」に関するページ