高齢者のAGAの対策

高齢者のAGAの対策について

60歳を超えた高齢者の方は身体の色々な部分に老化が始まり、骨の密度が低下したり新陳代謝が減少したりと、これは自然の摂理だと説明できます。

 

AGA(男性型脱毛症)も同じように若者と比べると進行しやすいので、フサフサの髪の毛を維持したいのであればきちんと対策を練らなければならないのです。

 

高齢者でもAGAの対策を行っていくことはできますが、新陳代謝が低下したり薄毛が進行しすぎたりという理由で薬の効果があまり得られないかもしれません。

 

ある程度毛髪が残っている段階でプロペシアといった医薬品で対策を行えば、抜け毛の減少を食い止めて現状維持することができます。

 

しかし、高齢者になって残っている髪の毛が少なければ、プロペシアを服用しても短期間で発毛効果は得られませんし、毛根が死んだ状態で髪の毛を生やすのはかなり難しいというわけです。

 

とあるクリニックでAGAの治療を受けている患者さんの年齢を調べてみたところ、20代が35%、30代が38%、40代が17%という結果となり、60代の高齢者は僅か2%しかおりませんでした。

 

薄毛は老化現象の一つということで、60歳を超えて気にならなくなることも原因の一つかもしれませんが、医薬品による対策を練っても改善しにくいという事実だとも説明できます。

 

それに、男性ホルモンの影響によるAGAなのか、新しい細胞を作る力が衰えて身体全体の毛が薄くなる老人性脱毛症なのか判断しづらいのも、薄毛の対策が練りにくい大きな理由の一つです。

 

そのため、抜け毛や薄毛の対策を始めるのであれば高齢者になってからではなく、なるべく早めの段階で行うようにしましょう。

 

ちょっと抜け毛の量が増えたからといって、10代や20代の年齢で直ぐにAGAの対策を練らなければならないわけではないものの、早期治療を心掛ければそれだけ早い段階で何かしらの変化があらわれるようになります。

 

また、高齢者の方はどんなに健康的だとしても若い年齢の人と比べると肝臓の働きが弱まっており、ミノキシジルタブレットの使用は大きなリスクを伴うのです。

 

フィナステリドが含まれたプロペシアであれば、まだ身体への負担は軽くなっているものの、自分勝手な使用で身体を傷める可能性があるので高齢者の方は医師の指示に従ってAGAの対策を行わなければなりません。

 

60歳を過ぎて「今から薄毛の対策を行うのは遅いのではないか?」と不安を抱えている高齢者の方はいらっしゃいますが、絶対に改善できないというわけではないです。

 

このサイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、自分の頭皮に残っている髪の毛を脱毛部分に移植する自毛植毛手術が行われており、この治療において年齢制限は特にないという特徴があります。

 

もちろん、自分の側頭部や後頭部の髪の毛がある程度残っている方しか自毛植毛は受けられませんし、高齢者の方にとっては負担がかかる手術なので、どのような対策を練れば良いのかまずは湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAと年齢」に関するページ