10代でAGAを発症することはあるの?

10代でAGAを発症することはあるの?

10代という若い年齢でAGAを発症することがあるのか、疑問を抱えている思春期の男子は少なからずいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、薄毛やハゲと聞くと中高年を過ぎた男性を頭に思い浮かべますし、「10代からハゲるわけがない」と考えているはずです。

 

しかし、近年では10代でAGAを発症する割合が少しずつ増えており、若くして髪の毛が薄いという悩みを抱えている男子はいらっしゃいます。

 

高校生や大学生になったばかりの10代の男性は、これからバリバリと青春を楽しむ大事な時期ですし、そんな時に薄毛という外見の悩みを抱えるとショックで塞ぎこんでしまうのではないでしょうか。

 

実際に、AGAは年齢に関係なく容赦なく襲ってくるケースがあり、10代のAGAは若年性脱毛症や若ハゲと呼びます。

 

AGAは男性ホルモンと酵素の5αリダクターゼが結び付き、DHT(ジヒドロテストステロン)が産生され、アンドロゲンレセプターと結合して薄毛の促進命令が出るというメカニズムです。

 

そして、体内の染色体にある塩基配列のCAGリピートとGGCリピートを足した数で、発症時期が早いのか遅いのか決まります。

 

つまり、10代という若さでAGAを発症する人はリピート数の合計が少ないと予想でき、思春期でも生え際が後退したり頭頂部のボリュームがなくなったりという症状で悩まされてしまうのです。

 

もちろん、引き起こされている薄毛が必ずしもAGAによるものではなく、精神的なストレスの増幅による円形脱毛症や、成長期特有のホルモンバランスの乱れによる影響かもしれません。

 

それでも、「10代にAGAを発症することは100%ない」というわけではありませんし、男性ホルモンが活発に分泌されていたり、DHTに変える酵素の5αリダクターゼの量が多かったりという人は若い年齢からAGAを発症します。

 

だからといって、AGAの代表的な治療薬のプロペシアは20歳以上からの服用となっているため、10代の男性は使用できないので注意が必要です。

 

プロペシアの服用で男性型脱毛症の進行を防げるのですが、抜け毛の原因のDHT(ジヒドロテストステロン)は生殖器の生成と深く関わっております。

 

プロペシアの服用によってDHTの生成量が減少し、生殖器に悪影響が生じる危険性があるため未成年への処方は禁じられているのです。

 

そこで、10代の男性はAGAの進行予防として育毛剤の使用をおすすめします。

 

オウゴンエキスやノコギリヤシといった植物成分が主体の育毛剤であれば、身体や頭皮に負担をかけずに薄毛の対策ができるはずです。

 

当サイトでは、10代の男性でも使用できる自然派成分が含まれた育毛剤のBUBKA(ブブカ)をご紹介しているので、頭皮環境を活性化させるために一度試してみてください。

 

 

>>> BUBKA(ブブカ)の詳細はこちら

 

 


「AGAと年齢」に関するページ