AGAとロゲイン

AGAとロゲインについて

ロゲイン

アメリカのPfizer社が開発した医薬品がロゲインで、AGA(男性型脱毛症)の治療に活用されております。

 

ロゲインはミノキシジルが含まれた塗布タイプの育毛剤となっており、正しい使用方法で使い続けることによって発毛効果を大きく上げられるはずです。

 

AGA治療を始めたばかりの方でも使いやすいのがロゲインの大きな特徴となっており、「ミノキシジル2%配合」「ミノキシジル5%配合」「ミノキシジル2%配合(女性用)」と、個人の体質に応じて3タイプから選択できます。

 

ミノキシジルは医学的な根拠も説明されており、約60%の試験者が実際に育毛効果を得たというデータが出ました。

 

現に、プロペシアと同じようにミノキシジルも日本皮膚科学会のガイドラインでAランクに推奨されているAGAの治療法ということで、ロゲインを使って抜け毛や薄毛の対策を行うのは良いかもしれません。

 

ただし、個人のAGAの症状によって得られる効果が異なり、血流が悪い額の生え際の薄毛よりも、頭頂部の薄毛の方が変化を感じられるという特徴があります。

 

半年間以上に渡ってロゲインを使用し、自分の頭皮や髪の毛に変化が生じないのであれば体質的に合っていなかったと考えられるため、医師と相談して別の治療法を考えるべきです。

 

基本的にロゲインはドラッグストアでは販売されておらず、クリニックを受診して医師の処方を受ける形で手に入れます。

 

ロゲインを手に入れる費用を抑えたいのであれば個人輸入代行業者の利用がおすすめとなっており、当サイトでご紹介しているオオサカ堂でも取り扱っているので、AGAで悩む方はインターネットから注文してみてください。

 

 

>>> ロゲインの詳細はこちら

 

 

さて、これはロゲインに限った話ではありませんが、ミノキシジルといった薬剤を含む育毛剤でAGAの治療を行う場合は、正しい使用方法を頭に入れておくべきです。

 

個人輸入代行業者を利用する場合は専門医からの説明を受けられないので、不安な方はAGAの専門クリニックを受診してロゲインを手に入れた方が良いかもしれません。

 

基本的な使い方としては、「1日に1mlを頭皮に塗布する」「1日当たり2回(朝晩)使用する」「頭皮以外の皮膚に付着しないように注意する」となっております。

 

もし、ロゲインでAGAの治療を始めて、頭皮の痒みや赤みといった症状が引き起こされたのであれば、副作用による症状を悪化させないためにもそのまま使い続けるのではなく医師の指示を仰ぐようにしてください。


「薬によるAGAの費用」に関するページ