AGAの内服薬

AGAの内服薬について

確実に進行していく脱毛疾患のAGA(男性型脱毛症)は現在では幅広く認知され、様々な治療薬や治療方法が確立されて医療機関で受けられるようになりました。

 

抜け毛が酷くなって薄毛が進行するという特徴がAGAにはありますが、医療機関を受診していきなり手術を行うのではなく、基本的には内服薬の服用から治療を開始していきます。

 

AGAの内服薬として幅広く使用されているのがフィナステリドが含まれたプロペシアで、どこのクリニックでも処方が行われているはずです。

 

この内服薬を服用してみるみるうちに髪の毛が生えて薄毛が改善されるわけではありませんが、フィナステリドが酵素に働きかけて男性ホルモンのDHTを作らせにくくしてくれるので抜け毛の予防に繋がります。

 

AGAは進行性の病気なので育毛効果のある外用薬を使用するだけではなく、現状維持してこれ以上酷くならないようなケアも大事だと言えるのではないでしょうか。

 

AGA専門クリニックであれば一人ひとりの症状や体質に合った内服薬の処方や生活習慣の改善の取り組みが実施されており、信頼できる病院で処置を施していれば薄毛を克服することができます。

 

内服薬の処方で様子見を行うのではなく、高い費用がかかる保険外の手術ばかりを勧めてくるようなクリニックの受診はできる限り控えるべきです。

 

日本の国内ではアメリカのFDA(Food and Drug Administration)から認可を取得している内服薬のプロペシアは、13,000施設を超える医療機関で処方されており、このサイトでご紹介している湘南美容外科クリニックもその一つとなっております。

 

内服薬の処方に加えて良好な発毛環境を作るスマートメソHRも実施されているので、湘南美容外科クリニックで無料カウンセリングを受けてAGAの治療を始めてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、AGAは個人の症状によって異なるものの、5α-還元酵素の影響でテストステロンがDHTに変換され、発毛サイクルが短くなって直ぐに抜ける髪の毛が増えて薄毛を引き起こすというメカニズムになっております。

 

内服薬のプロペシアは5α-還元酵素に作用して働きを抑制する力があるので、結果的にDHTが生成されにくくなるのです。

 

男性ホルモンを直接的に分泌させにくくするような内服薬ではありませんが、性欲減退や食欲減退といった副作用が報告されているので、医師から指示される1日に1錠の服用をしっかりと守らなければなりません。

 

「もっと早く薄毛改善効果を得たい」ということで勝手に服用量を増しても意味がないですし、副作用のリスクを高めるだけとなるので注意が必要です。

 

また、どの医療機関で処方される内服薬でも直ぐに変化が生じることはなく、最低でも6ヶ月間は服用するように指示されるはずなので、根気良くAGAの治療に取り組んでみてください。


「薬によるAGAの費用」に関するページ