AGAと育毛剤

AGAと育毛剤について

AGA(男性型脱毛症)の治療に欠かせないと言われているのが育毛剤で、抜け毛を予防して発毛を促すためのローションとなっております。

 

育毛剤の中には血行を促進したり発毛を促したりする成分が含まれており、1日に決められた回数を塗布することで少しずつ変化があらわれてくるという仕組みです。

 

ただし、育毛剤を使用すれば直ぐに髪の毛が生えてAGAが改善できるわけではなく、どんな成分が含まれていたとしてもある程度の期間を要することを頭に入れておかなければなりません。

 

それに、日本で出回っているAGAの治療のための育毛剤の種類は実に多く、「男性ホルモンを抑えるタイプ」「血行促進を促すタイプ」「毛母細胞を活性化するタイプ」などに分けることができます。

 

AGAは男性ホルモンがDHTに変わることで抜け毛や薄毛が引き起こされるという特徴があり、血行促進だけが目的の育毛剤を使ったとしても大きな変化は得られないのです。

 

市販で販売されている育毛剤は植物成分が中心に構成されており、血行を促進して医薬品として認可されているプロペシアやミノキシジルと同等の発毛促進効果が得られると記載されている場合があります。

 

全く効果が得られないわけではないものの、医薬品のAGA治療薬と比べれば遥かに効果は劣りますし、メーカーが正確なデータを公表していないのも不安が残るポイントの一つです。

 

医薬品として認可されたミノキシジルが含まれた育毛剤は、「使用者の○○%に効果があらわれた」というデータを公表しており、信憑性が高いAGA治療薬だと説明できるので市販で販売されている育毛剤ではなくオオサカ堂のロゲインを使ってみてください。

 

 

>>> ロゲインの詳細はこちら

 

 

さて、育毛剤を闇雲に使用すればAGAの症状を抑えられるわけではなく、自分の症状に合った製品を選ばなければならないということで、不安な方は医師の処方によって手に入れた方が良いかもしれません。

 

AGAに悩む男性であれば男性ホルモンを抑制するタイプの製品が適しておりますし、女性の場合は生活習慣の乱れによる血行不良が引き金となり、毛根の栄養不足に繋がっている可能性が高いので最適な育毛剤には違いが生じております。

 

また、育毛剤は様々なメーカーから販売されているということで、AGAを治療していく前に安全性や評判に関して事前に調べておくことも重要です。

 

ミノキシジルが含まれた育毛剤は正式にFDAから認可されているものの、頭皮の痒みやかぶれといった接触皮膚炎が報告されております。

 

副作用が引き起こされるリスクがあるのは仕方ありませんが、ミノキシジルが含まれた濃度に差が生じているので、敏感肌の方は最初に濃度の低い育毛剤を使ってAGAを対策していく必要があるのです。

 

「何としてもAGAを克服して薄毛を治したい」という気持ちは分かりますが、どんな育毛剤も直ぐに変化が引き起こされるわけではないので、最低でも6ヶ月以上は継続するようにしましょう。


「薬によるAGAの費用」に関するページ