AGAの外用薬

AGAの外用薬について

AGA(男性型脱毛症)の治療薬のミノキシジルには内服薬と外用薬の2種類があり、どちらの方が効果的なのか疑問を感じている方はいらっしゃるかもしれません。

 

これは個人の体質によって異なるので一概には説明できませんし、作用するポイントに違いが生じているため比較の対象にはならないのです。

 

基本的にAGAの内服薬は薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑える作用を持ち合わせており、長期間に渡って服用することで抜け毛を抑えて現状維持、または改善を目指していきます。

 

一方でローションやスプレータイプの外用薬は頭皮に直接塗布することで血行を促進させ、髪の毛が薄くなった生え際や頭頂部の発毛を促す効果があるのです。

 

サッカーといったスポーツで表現すれば、外用薬がオフェンスなのに対して飲む育毛剤はディフェンスということで、2つを併用してAGAの治療を行うことが推奨されているのではないでしょうか。

 

AGAの外用薬の中でも大きな効果が得られるのがミノキシジルで、「ロゲイン5%」「カークランド5%」「ポラリスNR」といった医薬品の中に含まれております。

 

AGAの外用薬を処方しているクリニックは多いものの、少しでも安い費用で対策していきたいのであれば当サイトでご紹介しているオオサカ堂がおすすめです。

 

個人輸入代行業者を利用して海外の医薬品を手に入れる行為自体は違法ではありませんし、何よりもオオサカ堂はどの業者よりも信頼できるということで、是非外用薬の「ポラリスNR」を購入してみてください。。

 

 

>>> ポラリスNRの詳細はこちら

 

 

さて、ミノキシジルが含まれたAGAの外用薬は種類によって配合されている濃度が濃くなり、含有率が上がるにつれて発毛効果も比例して高くなるという特徴があります。

 

市販で販売されている育毛剤のリアップは1%と低く、ロゲインやカークランドといった外用薬であれば5%と高くなり、ポラリスNRであれば「7%」「15%」「16%」の3種類が登場しているのです。

 

より大きなAGA改善効果を得たいのであればミノキシジルの含有率が高い製品を選ぶべきですが、その分血管拡張作用も強くなるため、肌質が弱い方が使用すれば頭皮の痒みや赤みといった肌トラブルに発展するかもしれません。

 

現在ではアレルギー症状が出にくいような製品や医薬品が開発されているものの、ミノキシジルを使ってAGAの治療を行っていくのであれば副作用のリスクがあることを頭に入れておくべきです。

 

そのため、初めて外用薬を使ってAGAの対策を行っていく方や、薄毛の症状が激しく進行していないという方は、含有率の低いものから使用していくようにしましょう。


「薬によるAGAの費用」に関するページ