AGAとエフペシア

AGAとエフペシアについて

エフペシア

プロペシアのジェネリック医薬品の一つがエフペシアで、インドの製薬会社シプラ社が製造している飲む育毛剤となっており、AGA(男性型脱毛症)の治療として多くの方が活用しております。

 

正規品のプロペシアと比べてエフペシアは個人輸入代行業者を利用して格安の料金で手に入れ、AGAの治療に役立てることができるため多くの男性が使用しているのです。

 

「ジェネリック医薬品は危険なのでは?」「ジェネリック医薬品は副作用が強いのでは?」という疑問を抱えている方はいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、日本皮膚科学会でも推奨されているプロペシアの中に含まれている成分に違いはなく、エフペシアを続けることで抜け毛を抑制してAGAの治療に繋げることができます。

 

日本皮膚科学会が推奨しているのはプロペシア単体ではなく、この医薬品の中に含まれているフィナステリドという成分のことを指し、これはエフペシアにも同じように配合されているのです。

 

医療機関でエフペシアを取り扱っているところは基本的にないものの、個人輸入代行業者を利用すればインターネットを使って入手できるところもメリットの一つではないでしょうか。

 

もし正規品のプロペシアを医療機関で処方してもらうとすると、初診料を含めて10,000円程度の料金がかかってしまいますが、エフペシアであれば1ヶ月当たり2,000円から2,500円と激安の価格でAGAの治療を自宅で行っていくことができるのです。

 

当サイトでもエフペシアを販売しているオオサカ堂をご紹介しており、どの業者よりも信頼と実績があるのでAGAを治すために購入してみてください。

 

 

>>> エフペシアの詳細はこちら

 

 

さて、AGAの治療薬のプロペシアのジェネリック医薬品としてはフィンペシアの方がエフペシアよりも有名で、実際に使用したことのある男性の方はいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、日本では食品への添加が認められていないキノリンイエローがコーティング剤として使用されており、発がん性の疑いがかけられているのです。

 

アメリカやヨーロッパでは食品への添加が認められているので、キノリンイエローはそこまで危険な添加物ではないと説明できます。

 

それでも日本で許可されていないのは紛れもない事実ですし、少しでも安全にAGAの治療を行っていきたいのであればキノリンイエローフリーのエフペシアを使った方が良いのです。

 

もちろん、エフペシアにもフィナステリドが含まれていることには変わりなく、初期脱毛や性欲減退を中心とする男性機能の低下、腹痛や下痢といった体調不良という副作用が確認されております。

 

個人輸入によって圧倒的に安い価格で医薬品を入手できるのは大きなメリットですが、それと同時に健康被害が年々増加しているのは事実なので、不安な方は医療機関で処方してもらってAGAの対策を行うようにしてください。


「薬によるAGAの費用」に関するページ