AGAとフィンペシア

AGAとフィンペシアについて

フィンペシア

抜け毛や薄毛を引き起こすAGA(男性型脱毛症)の治療に有効だと考えられているのがフィナステリドで、この成分が含まれたフィンペシアは個人輸入代行業者を利用して購入することができます。

 

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品で、インドの製薬会社のシプラ(Cipla)社が製造しており、正規品よりも安い価格で入手できるということで人気を得ているのです。

 

日本の医療機関で処方されている万有製薬のプロペシアと同等の有効成分が含まれているということで、同じようにフィンペシアでもAGAの対策を行っていくことができます。

 

AGAの治療においての懸念材料は長い期間と高い費用がかかるということで、その費用を抑えるためにはフィンペシアを服用するのが良いかもしれません。

 

正規品のプロペシアと比べて僅かに効果が劣ると言われているものの、少なくとも8割から9割の効果は得られますし、半分以下の価格で手に入れられるところが大きな魅力なのです。

 

以前は錠剤のコーティングに使用されているキノリンイエローが発がん性のある物質ということで、フィンペシアの使用は控えた方が良いと考えられておりました。

 

しかし、現在個人輸入代行業者で販売されているフィンペシアにはキノリンイエローが配合されておらず、副作用のリスクを大きく上げることなくAGAの対策を行えるようになったのです。

 

もちろん、業者によっては現在でもキノリンイエローが配合されたフィンペシアを販売しているかもしれないので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂をおすすめします。

 

オオサカ堂のフィンペシアはキノリンイエローフリーとなっており、1箱100粒で約3,100円と非常に安い価格が提供されているので、AGAで悩む方は是非購入してみてください。

 

 

>>> フィンペシアの詳細はこちら

 

 

さて、ジェネリック医薬品を使ってAGAの治療を行うことに対して不安を抱く方はいらっしゃいますが、新薬の特許権が終わり、全く同じ有効成分を含んでいるのは紛れもない事実です。

 

製造している環境に違いが生じていたとしても、脱毛を引き起こすDHTを抑制するフィナステリドが含まれていることに変わりなく、プロペシアで効果が得られないのであればフィンペシアも全く一緒だと説明できます。

 

逆に言えば、同等の成分であるが故にそれ以上の効果は認められないので、プロペシアでAGAの症状に変化が生じなかったからといってフィンペシアを試すのは意味がありません。

 

個人の症状によって適したAGAの治療法は異なりますし、フィンペシアは基本的に医療機関ではなく個人輸入代行業者を利用してインターネットから注文する形となっております。

 

信頼できる業者を利用しても全て自己責任となるので、何かしらの不安を抱くのであれば正規品のプロペシアをクリニックで処方してもらうという選択肢がおすすめです。

 

また、フィンペシアも同じように1日に1錠を服用することが前提となっており、性欲減退や精子減少、勃起不全といった男性機能に関わる副作用のリスクが生じます。

 

副作用の発症率は低くなっておりますが、医薬品を使ってAGAを治療しているということをしっかりと認識しておきましょう。


「薬によるAGAの費用」に関するページ