AGAとフィナロ

AGAとフィナロについて

AGA(男性型脱毛症)の治療として役立てられているフィナロの主成分はフィナステリドとなっており、正規品のプロペシアと全く一緒だと説明できます。

 

インドの製薬会社のIntas Pharmaceuticals社がジェネリック医薬品のフィナロを販売しており、発毛効果が同等なのにも関わらず値段が安いということでAGAで悩む男性から支持を得ているのです。

 

一般的にプロペシアのジェネリック医薬品は医療機関ではなく個人輸入代行業者を利用する形となっており、業者によって異なるもののフィナロは1ヶ月当たり2,500円という料金で販売されております。

 

プロペシアと同じようにフィナステリドが1mg配合されておりますし、効果や副作用に関しては基本的に一緒なので、医療機関で7,500円程度の料金がかかるプロペシアと比べてフィナロの方が圧倒的にお得なのです。

 

もちろん、抜け毛を抑えてAGAの症状の進行をストップさせ現状維持ができたとしても、全ての方がフィナロで発毛効果を得られるとは限りません。

 

しかも、何かしらの変化を得るためには最低でも6ヶ月間は服用しなければならないと考えられているので、ミノキシジルを含む育毛剤を併用するのは手段の一つです。

 

ジェネリック医薬品のフィナロはこのサイトでご紹介しているオオサカ堂でも取り扱っており、小分けの30錠で約2,100円、100粒入りで約3,100円と圧倒的に安い費用でAGAの対策を行っていくことができます。

 

為替レートの影響で日によって料金に違いが生じているので、実際にオオサカ堂の公式サイトを閲覧してみるのが良いですし、この業者では専門機関の成分鑑定を受けているので安心して利用できるはずです。

 

 

>>> フィナロの詳細はこちら

 

 

さて、プロペシアのジェネリック医薬品の中でもフィナロが支持を得ているのは、ただ安いだけではなくキノリンイエローフリーだからだと説明できます。

 

以前まで販売されていたジェネリック医薬品のフィンペシアにはキノリンイエローが含まれており、コーティング剤のこの成分は発がん性物質だったのです。

 

そのため、日本では化粧品の中にキノリンイエローが使用されていても食品としては許可されておらず、AGAの治療でフィンペシアを服用することに不安感を抱えていた方は多くいらっしゃいました。

 

その点、フィナロには着色料のキノリンイエローが使われていないため比較的安全な医薬品だと言えますし、インドのIntas Pharmaceuticals社は海外企業と提携を行って頭角をあらわしている製薬会社なので安心です。

 

しかし、正規品と同様にジヒドロテストステロン(DHT)を抑制してAGAの治療に繋がるということは、同じような副作用のリスクも生じると頭に入れておきましょう。


「薬によるAGAの費用」に関するページ