薬によるAGAの費用

薬によるAGAの費用について

薬

「薬を使ってAGA(男性型脱毛症)を治療していく場合はどの程度の費用がかかるのだろうか」という疑問を抱えている男性の方はいらっしゃいます。

 

どの薬を使ってAGAの治療を行っていくかによって費用は異なりますし、病院での処方を選択するのか個人輸入代行業者を利用するのかという違いも生じるので一概には説明できません。

 

どちらにしても、AGAは自由診療ということで健康保険が適用されず、薬の処方だけでも高い費用がかかると頭に入れておくべきです。

 

飲む育毛剤のプロペシアにしろ、塗るタイプの育毛剤にしろ、他の病気を治す薬のように患者さんは3割負担ではなく全額負担と設定されております。

 

厚生労働省はAGAは病気の一種でも生命に関わるケースはないということで、審美目的の歯のホワイトニングと同じように保険が適用されず、全ての費用を支払わなければならないのです。

 

AGAの専門外来のホームページを見ても、はっきりと薬の処方は保険適応外と記載されておりますし、これに例外はないのでAGAの治療が長引けば長引くほど高い費用がかかってしまいます。

 

AGAの治療専門のクリニックを受診した場合の初期費用は20,000円〜30,000円、一般病院での治療は9,000円〜15,000円と大きく差が開いており、基本的に最初は薬の処方でAGAの対処を行っていくはずです。

 

プロペシアやミノキシジルの処方でこれだけの費用がかかるわけではなく、初診料や遺伝子検査を行った際の全ての費用を合計するとどのクリニックでもこのくらいはかかってしまいます。

 

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも、様々なAGA検査でどの程度薄毛が発症しているのか確かめることができるのです。

 

湘南美容外科クリニックでは薬の処方だけではなく、頭皮に直接カクテルを注入するスマートメソや移植手術の自毛植毛も実施されており、個人の症状に合わせてAGAの治療を施せるので、最初に無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、初めてAGAの治療を行う方にはあまりおすすめできないものの、薬の服用だけであれば専門のクリニックを受診するのではなく、個人輸入代行業者を利用するという方法があります。

 

現在では海外版のプロペシアやミノキシジルをインターネットを利用して、個人輸入代行業者から入手することができるのです。

 

個人で海外のサイトにアクセスして医薬品を手に入れるのは言語の問題が発生するため、現実的な方法とは言えません。

 

しかし、その面倒な作業を個人輸入代行業者が行ってくれますし、私たちは欲しい薬を選択して注文するだけで仲介して自宅に安い費用で届けてくれます。

 

診察代や検査費用がカットされるのは非常にありがたいことなのですが、完全に自己責任のAGAの治療になると頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

それでも、信頼できる業者を選んで薬を購入すれば、「商品が届かない」「偽物が届けられた」というトラブルは皆無なので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂の利用をおすすめします。

 

数ある個人輸入代行業者の中でも信頼と実績を得ており、AGAの治療薬のプロペシアが約5,500円で入手できるので是非注文してみてください。

 

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 


「薬によるAGAの費用」に関するページ