AGAの費用と期間

AGAの費用と期間について

AGA(男性型脱毛症)は進行性の病気の一つで、年齢を重ねれば重ねるほど発症しやすく、根本的に完治することはありません。

 

症状を薬で一時的に食い止めたり、手術で脱毛した部分に髪の毛を生やすことはできるものの、AGA自体を完全に克服することはできないので、高い費用と長い期間がかかります。

 

クリニックで行われているAGAの治療は多岐にわたるので費用は異なりますし、個人によって症状にも違いが生じているので治療にかかる期間をはっきりと示すのは意外と難しいのです。

 

どの治療においても発毛を実感できるまでの期間は人それぞれで、医薬品の服用で直ぐに変化が生じる方がいれば、半年間以上に渡って服用してやっと実感できたという方もいらっしゃいます。

 

一般論として薄毛に対して何かしらの効果があらわれるまでの期間は、AGAの治療を開始してから半年から1年間程度だと考えられており、1ヶ月当たりの医薬品の費用は7,000円から8,000円程度です。

 

AGAの治療薬として日本皮膚科学会でもその効能が認められているのがプロペシアで、この中には脱毛ホルモンの働きを抑えるフィナステリドが含まれております。

 

しかし、数ヶ月間に渡ってプロペシアを飲めば良いわけではなく、飲むのをやめればAGAは徐々に進行して薄毛は酷くなっていくので注意した方が良いでしょう。

 

身体を傷付けずにAGAの治療をしていきたいのであれば、どのクリニックでもプロペシアの服用から処置が開始され、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも同じです。

 

湘南美容外科クリニックでも国内承認薬のプロペシアの処方を行っており、一定期間に渡って服用すれば抜け毛を抑えられるので、まずは無料カウンセリングを受けてどのような対策を練れば良いのか専門医に伺ってみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、AGAが原因の脱毛に限らず薄毛の改善には長い期間がかかり、その費用にも大きな違いが生じております。

 

もしかしたら男性ホルモンの異常によるAGAではなく、免疫システムの異常による円形型脱毛症や心因性の脱毛症の可能性もあるので、専門の医師やカウンセラーが在籍しているクリニックを受診した方が良いのです。

 

上記でご紹介したガーデンクリニックであれば最新の情報と技術を患者さんに提供してくれるので、個人の脱毛の程度や予算といった費用を考慮し、あなたにとって最適な治療法を提供してくれます。

 

AGAの治療にかかる期間を少しでも短くしたいのであれば、医薬品の服用ではなく注射や自毛植毛といった外科的な手術を考慮した方が良いかもしれません。

 

外科的な手術が圧倒的に優れているとは一概に言えないものの、常に飲み続けなければならないプロペシアの服用とは違って自毛植毛は比較的短期間で改善できるのです。

 

毛髪を取り巻く構造がない場所ではいくら薬を使っても発毛は見込めないため、既に脱毛して頭皮が透けているのであれば移植手術の自毛植毛を選択するのが一つの選択肢だと説明できます。

 

ガーデンクリニックでも痛みのない自毛植毛手術は行われておりますが、一度髪の毛が抜けてから生え揃うまでにはある程度の期間を要するということを理解しておいてください。