AGAの費用と確定申告

AGAの費用と確定申告について

確定申告

AGAの治療でかかる費用が医療費控除されるかどうか疑問を感じている方はいらっしゃるかもしれません。

 

医療費控除とは、1年間で一定の医療費を支払った場合、その一部を税金から控除することを指しており、確定申告の際に領収書を添付することで申請できます。

 

医師の処方箋が必要なプロペシアの服用や植毛手術といった治療がAGAの改善のために行われており、確定申告で医療費控除の対象になるかどうかは大事です。

 

しかし、薬事法で定めている医薬品や生活する上で必要な医療行為でなければ医療費控除の対象にならないと法律で定められており、滋養強壮目的の使用によるビタミン剤や自分の美のための医療行為は対象外となります。

 

歯を白くして綺麗な状態にするホワイトニングなどが該当し、医師による治療をしっかりと受けていても美容目的と判断されると医療費控除を受けられず、確定申告の際に申請できないというわけです。

 

AGAの治療に関しても同じで、薄毛や脱毛の改善は美容目的だと判断されるケースが多く、医療費控除の適用になりにくいということを理解しておいた方が良いでしょう。

 

とは言え、AGAの治療に関わらず、審美目的の自由診療全てが医療費控除の対象にならないわけではなく、治療目的と判断されればかかった費用の一部を税金から控除されます。

 

プロペシアやミノキシジルといったAGAの治療薬は薬事法で定められた医薬品となっており、医師の処方によって受け取って服用していくという形です。

 

成人男性が男性型脱毛症の症状の進行スピードを遅くするための治療目的と判断されれば医療費控除されるものの、美容目的だと判断されると適用されません。

 

この判断は意外と曖昧で明確な決まりが存在するわけではありませんが、基本的には税務署や税務署職員の判断に委ねられます。

 

AGAの治療を受けているだけで、確定申告で医療費控除の対象にならないと決め付けることはできないので、詳しいことは最寄りの税務署で伺ってみるのがベストです。

 

1月1日から12月31日までの間で医療費の総額が10万円を超えた場合は、確定申告の時に申請すれば税金が戻ってくる可能性があるので、AGAの治療による明細書や領収書は残しておいた方が良いでしょう。

 

どのような治療を行うかは病院によって異なり、このサイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは様々な方法が採用されております。

 

自由診療なので決して安い費用で処置を施してもらえるわけではありませんが、色々な角度からのアプローチで薄毛を改善へと導いてくれるので、まずは湘南美容外科クリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング