女性のAGAの特徴

女性のAGAの特徴について

女性のAGAは「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼び、男性のAGAと同じように抜け毛や薄毛が引き起こされるものの、男性とは少々異なった特徴があります。

 

そこで、このページでは女性のFAGAの特徴をご紹介しているので、髪の毛の悩みを抱えている方は是非参照してみてください。


毛髪全体が細く弱まる

男性のAGA(男性型脱毛症)は後頭部や側頭部といった部位の髪の毛が残り、頭頂部と前頭部などが局所的に薄まっていくという特徴があります。

 

その点、女性のFAGAは髪の毛1本1本が細く弱まっていくという特徴があり、頭皮全体のボリュームがなくなっていくのです。

 

しかし、AGAは進行性の症状なので放置して何も対策をしなければ髪の毛の本数は減少傾向を辿るのですが、加齢によって女性ホルモンが減少しても一定の量は残るため、減り続けるような心配はありません。


原因が一つではない

これは男性のAGAにも言えるものの、女性のFAGAは女性ホルモンの減少で男性ホルモンの影響が強く出るだけが原因ではなく、様々な原因が絡み合って生じるという特徴があります。

 

ホルモンバランスの崩れが最も大きな原因だとしても、それに加えて「冷え性による血行不良」「精神的なストレス」「過度のダイエット」「ヘアカラーやパーマ」「鉄欠乏性貧血による脱毛」などが絡み合っているケースが多いのです。

 

そのため、意外と改善するのが難しいのですが、原因をしっかりと突き止めて正しい対策を練っていれば女性の脱毛症は決して怖い症状ではないと言えるでしょう。

 

 

 

女性のFAGAの原因を見つけるのは自分では難しく、間違った対処を行うことで抜け毛や薄毛はどんどん進行していくため専門のクリニックを受診して治療を受けるべきです。

 

そこで、髪の毛の悩みを抱えている方にはこのサイトでご紹介している東京ビューティークリニックがおすすめで、専門医が診察を行って個人の症状に合った治療法を提供してくれます。

 

治療の基本的な流れは、「カウンセリングで治療の説明」→「頭部写真撮影や血液検査」→「結果報告の後に治療薬の処方」→「1ヶ月〜2ヶ月ごとの通院」という感じです。

 

カウンセリングに関しては無料で実施されているので、インターネットを利用して東京ビューティークリニックに申し込んでみてください。

 

 

>>> 東京ビューティークリニックの無料カウンセリング

 

 


「女性のAGAの治療」に関するページ