女性のAGAの治療は危険なの?

女性のAGAの治療は危険なの?

女性も男性と同じようにAGA(男性型脱毛症)を発症し、抜け毛や薄毛で悩まされることがありますが、その治療は危険だと考えられております。

 

これはAGAの治療自体が危険というわけではなく、男性と同じような方法を選択してはいけないという意味です。

 

男性のAGAの治療で最も使用される頻度が高いのがプロペシアで、フィナステリドと呼ばれる成分が酵素の働きを阻害して、脱毛を引き起こすDHTを生成しにくくしてくれます。

 

しかし、女性がプロペシアを服用したとしても元々の男性ホルモンの分泌量が少ないので効果が得られませんし、特に妊娠している可能性がある女性に処方するのは医学界では絶対のタブーなのです。

 

フィナステリドは女性にとっては危険成分の一つとなっており、胎児の発育に悪影響を及ぼすだけではなく、閉経後の女性が服用したとしても何も変化は得られません。

 

つまり、プロペシアでAGAを治療しようと思えば、副作用のリスクだけが高まって本来の目的は達成できないという状態に陥るので、この危険成分に触れることも禁じられているのです。

 

専門のクリニックを受診すれば医師から詳しい説明があるものの、現在では個人輸入代行業者を利用して簡単にプロペシアを入手できるので、女性の方は十分に注意した方が良いでしょう。

 

医薬品は一歩使い方を間違えるだけで危険が及ぶので、AGAの治療をしたいという女性は東京ビューティークリニックへの受診をおすすめします。

 

東京ビューティークリニックで処方される内服薬にはフィナステリドは当然のように含まれておらず、女性の身体をきちんと考慮しているので、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 東京ビューティークリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、閉経を迎えている女性の方であればまだしも、妊娠中の女性はAGAの治療薬のプロペシアに近づくことですら危険が及ぶと言われております。

 

経口摂取だけではなく、プロペシアの破片が皮膚に触れるだけで体内に取り込まれる可能性があり、妊娠中の女性にとってはかなり危険なので、服用している男性は注意しなければならないのです。

 

AGAの治療としては脱毛を引き起こす男性ホルモンのDHTが減るのは良いことですが、胎児の性器を作るという重要な働きも担っているので、妊娠中の女性が避けた方が良いのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

通常はプロペシアはしっかりとコーティングされているものの、割れた拍子に粉末が飛び散るリスクがあるので、妊娠中の女性と一緒に住んでいる男性は、AGAの治療法に気を配るべきです。


「女性のAGAの治療」に関するページ
女性のAGAの原因
女性のAGAの特徴
女性のAGAの治療は危険なの?
AGAと産婦人科