女性のAGAの原因

女性のAGAの原因について

AGA(男性型脱毛症)は男性だけに引き起こされる現象ではなく女性でも悩まされることがあり、その原因は女性ホルモンの分泌量の低下だと考えられております。

 

女性ホルモンのエストロゲンは髪の毛を育てる働きを持っており、その他にも乳房や子宮といった生殖器の発育を促したり、肌のハリを保ったりと女性らしい身体を作るために大きく貢献しているのです。

 

若い女性の身体にも男性ホルモンは分泌されているものの、その濃度は男性の約20分の1と非常に少ないため、髪の毛への影響はほとんどありません。

 

しかし、早い人では35歳前後からだんだんとエストロゲンの分泌量が低下し、男性ホルモンが占める割合が多くなるのが女性のAGAの大きな原因なのです。

 

それに加え、女性の場合は男性と比べてカラーリングやパーマといった処置を施す機会が多く、知らず知らずのうちに髪の毛へとダメージを与えていることが多く、極端なダイエットや精神的なストレスも薄毛の原因の一つとなっております。

 

男性とは違った原因があり、これらが複雑に絡み合ってAGAの症状が進行し、抜け毛や薄毛が加速していくので専門医の下で治療を受けるべきです。

 

そこで、髪質が変わってコシがなくなったり分け目が目立つようになったりと、些細な悩みを抱えている女性の方も東京ビューティークリニックへの受診をおすすめします。

 

薄毛の治療はどのような症状でも適切な方法で早めに始めるほど効果的ですし、ここでは女性専用の育毛剤や発毛成長因子を補完する最先端のFAGAメソセラピーが採用されているので、東京ビューティークリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 東京ビューティークリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、女性の場合はAGAの原因が多岐に渡り、それらが複雑に絡み合って発症しているケースが多いということで、非常に治りにくくなっております。

 

それに、局所的な脱毛ではなく髪の毛が細くなって頭皮全体が薄くなる「びまん性脱毛症」や、出産後に毛髪が一気に休止期に入って薄毛が生じる「分娩後脱毛症」といった症状の可能性もあるのです。

 

しかし、どのような脱毛症が引き起こされていたとしても、原因を突き止めることさえできれば改善できるケースが多いので、自分勝手な判断で対処するのではなく専門のクリニックを受診した方が良いでしょう。

 

クリニックによっては男性のAGAの治療と同じように、医師が診察して原因を把握し、女性専用のオーダーメイド処方で治療を行ってくれるので非常に効果的です。


「女性のAGAの治療」に関するページ