AGAの費用と保険

AGAの費用と保険について

病院やクリニックで行われているAGAの治療は全て保険適用外となっているため、かかる費用を全て自己負担しなければなりません。

 

手術によって治療を行っていくにしても、塗り薬や内服薬を処方してもらうにしても保険が適用されない自由診療なので、費用はクリニックによってバラバラだという特徴があります。

 

健康保険は利用できないということで、AGAの治療には最初に病院選びを行う必要があり、費用の相場を知ることから初めて親切な治療を心掛けているところで処置を受けるのがベストです。

 

治療法によって異なりますが、保険が適用されないのはどのクリニックでも一緒ということで、AGAの治療費用の目安は大よそ薬代や診療代を含めて1ヶ月当たり10,000円〜15,000円程度となっております。

 

専門外来のホームページを閲覧しても保険適応外ということがきちんと記載されており、AGAの治療が長引くほどかかる費用が高くなって自己負担が増えるということを頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

かかる費用が高いということでAGAを放置する方がいらっしゃいますが、男性型脱毛症は進行性の病気ということで早めに治療と向き合って発症を抑え、少しでも進行スピードを緩やかにするというケアも大事なのです。

 

このサイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも当然のように保険は適用されないものの、オリジナルの治療薬や頭皮にカクテルを注入して発毛を促すスマートメソなど、様々なアプローチでAGAの対策ができます。

 

最初に無料カウンセリングが行われている親切な病院ということで、まずはAGAの治療法を知るためにも湘南美容外科クリニックに相談してみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、AGA(男性型脱毛症)で悩む方は、「こんなにも苦しんでいるのになぜ保険が適用されないのか?」という疑問を抱えているかもしれません。

 

「誰かに白い目で見られているかもしれない」「これから恥ずかしい思いをしなければならない」ということで、AGAは悩みの種になりやすいのは紛れもない事実ですが、厚生労働省が医療保険の適応外の病気だと定めております。

 

視力を回復させるレーシック手術や歯を白くするホワイトニングと同じように、生命活動に支障を来たさない審美目的の治療という概念になっているため、AGAの治療にかかる費用は全て自己負担しなければならないのです。

 

「高額医療控除を受けられないのか?」と考える方は多いものの、医師による治療であれば何でも良いわけではなく、美容整形手術による費用や人間ドックの費用は該当しないと決まっております。

 

容姿を美化したり容貌を変えるための費用は高額医療控除を受けられないので、AGAの治療も全く同じだと言えるでしょう。

 

しかし、日本だけではなく世界的にAGAの治療は広まっており、これから保険適応の治療になる可能性は十分にあるはずです。