AGAと筋トレ

AGAと筋トレについて

筋トレ

筋トレすると男性ホルモンのテストステロンが活性化するということで、AGA(男性型脱毛症)の症状が悪化するのではないかと不安を抱えている方はいらっしゃいます。

 

「筋トレで身体を鍛える」→「男性ホルモンが増える」→「AGAによる薄毛が進行する」という図式が成り立つとすると、身体を鍛えるのをやめた方が良いのではと疑念を抱く男性の方は多いはずです。

 

AGAと筋トレに何も関係性がないとは言い切れないものの、基本的に直接的に抜け毛や薄毛に繋がることはないので心配はありません。

 

確かに、男性ホルモンのテストステロンは筋肉や骨格を形成する上で欠かせない存在となっており、筋トレを続けている男性は脳がより多く分泌させようと働きかけます。

 

しかし、AGAはテストステロンが引き金になって発症するのではなく、5α-リダクターゼという酵素によって変換されるDHT(ジヒドロテストステロン)によって生じるのです。

 

つまり、どんなに筋トレをしてテストステロンの分泌量が増えたとしても、5α-リダクターゼが少ない人やDHTの感受性が低い人はAGAにはなりにくいと言えるでしょう。

 

以上のように、筋トレが引き金となって生え際の後退や頭頂部の薄毛が進行するわけではありませんし、適度に身体を鍛えることは大事なので、意識的に控える必要はないのです。

 

身体を動かす機会が少ない方でも、DHTに変換させる原因の5α-リダクターゼの量が多い方はAGAを発症しやすいので、当サイトでご紹介しているルネッサンスクリニックで対策を練る必要があります。

 

ルネッサンスクリニックでは薄毛で悩む男性一人ひとりに対して親身なカウンセリングを行い、個人の症状に合わせて適切な治療法や改善法を一緒に見つけてくれるので、インターネットから気軽に申し込んでみてください。

 

 

>>> ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、筋トレとAGAには直接的な関係性はなく、抜け毛や薄毛を引き起こす原因は酵素の働きによって産生されるDHT(ジヒドロテストステロン)だと上記で説明致しました。

 

しかし、既に遺伝の影響によってAGAを発症している方が無理な筋トレを続けると、男性ホルモンの分泌量が自然と増えて薄毛の進行が進む可能性があるので注意しなければなりません。

 

筋トレ自体がいけないわけではなく、筋肉に負荷をかけたり乳酸を溜めたりすることがトリガーとなり、脳がより多くの男性ホルモンを分泌させるように働きかけるのです。

 

基本的に適度な運動であれば健康を維持するために重要なことですし、神経質になる必要は全くありませんが、ウォーキングやジョギングといった軽い有酸素運動に留めておくのも選択肢の一つだと説明できます。


「AGAの原因」に関するページ