AGAとワックス

AGAとワックスについて

ワックス

現在ではツヤありのファイバータイプ、ツヤなしのマットタイプ、2つの中間のクリームタイプなど数々の種類のワックスが登場しており、理想的なヘアスタイルを作るために男性の方も女性の方も使用しているはずです。

 

このヘアワックスはその日のうちにきちんと洗い落としていれば脱毛やAGA(男性型脱毛症)の原因になることはありません。

 

AGAは基本的に男性ホルモンのテストステロンが酵素の働きでDHTに変化することが原因なので、ワックスの使用によって左右されることはないと説明できます。

 

しかし、ワックスの使用方法によっては頭皮に悪影響を及ぼし、毛穴に皮脂や汚れが蓄積されて髪の毛に届けられる栄養素が阻害されて抜け毛に繋がるので注意が必要です。

 

頭皮には髪の毛を育成するための毛根があり成長サイクルを支配しておりますが、何かしらの原因で活性が低下するとDHTといったAGAの脱毛促進物質の問題が改善されていたとしても脱毛状態が続いてしまいます。

 

その何かしらの原因の一つがヘアワックスの使用で、頻繁に使用するものだからこそ頭皮や髪の毛にダメージを引き起こすものだと頭に入れておかなければならないのです。

 

どの種類のワックスでも含まれている成分に大きな違いはなく、AGAを引き起こす原因となることはないのでお好きな髪型に仕上げるために使用するのは問題なく、これはAGAの治療中でも一緒だと言えるでしょう。

 

それでも、頭皮にベタっと大量のワックスを塗るような使い方をしていると、粘着力が強いのでホコリなどが付着しやすくなって外部刺激を受けやすくなり、抜け毛といったトラブルが生じやすくなります。

 

そして、ヘアワックスを付けていない状態と比べると汚れや皮脂が蓄積されやすく、結果的に頭皮の毛穴を塞いで栄養素が行き渡りにくくなるので、毎日の洗髪で綺麗に洗い落とさなければならないのです。

 

「界面活性剤が髪の毛の生成を司っているタンパク質を奪って弱々しい髪の毛になる」「ヘアワックスの使用でAGAの症状が進行しやすい」と危険性を煽るような記載がされているサイトはあるものの、決してそんなことはありません。

 

しかし、頭皮や髪の毛にとって本来は不必要なものであることには変わりなく、いつまでも頭皮に残っているような状況は絶対に避けなければならないので、ワックスを付けたまま洗わずに寝てしまわないように注意するべきです。

 

このサイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで効果的なAGAの治療を受けていたとしても、自宅での対処が間違っていては本来の効果を得られなくなります。

 

既にAGAの治療を受けている方は、ワックスの使用以外にも日常生活で気を配らなければならない点について、湘南美容外科クリニックの専門医に直接聞いてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAの原因」に関するページ