AGAとテストステロン

AGAとテストステロンについて

思春期以降に男性の体内で分泌量が増加するのが男性ホルモンのテストステロンで、生殖器の機能を維持して男性らしい身体を形成するために必要不可欠な物質です。

 

男性が成長していくためには欠かせないホルモンなのですが、同時にテストステロンはAGA(男性型脱毛症)の大きな原因だと考えられており、抜け毛や薄毛といった症状が進行しやすくなります。

 

とは言え、テストステロンが直接的にAGAの原因になっているわけではなく、酵素の5αリダクターゼがヘアサイクルを乱すジヒドロテストステロン(DHT)に変換させることが大きな要因です。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)は活性型の男性ホルモンとも呼ばれており、毛髪を萎縮させる力は通常のテストステロンの約10倍から100倍だと考えられております。

 

そのため、テストステロンの分泌量がAGAと関係しているわけではなく、5α-リダクターゼの活性が高い人やDHTが反応するアンドロゲンレセプターの感受性が高い人ほど、毛髪のトラブルに悩まされやすいと言えるでしょう。

 

睾丸を摘出すればテストステロンの分泌を抑えられますが、男性的な機能が失われて精神的なダメージも生じるので、AGAの治療としては全く適さないというわけです。

 

男性ホルモンのテストステロンは、「やる気の増進」「快楽の増加」「闘争本能の促進」「孤独願望の促進」「男性的な肉体の形成」という重要な働きを担っております。

 

もし、テストステロンの分泌量が減少すれば体力の減退や精神衰弱、精巣機能の低下を引き起こすので、私たちに欠かせない存在だということがお分かり頂けるかもしれません。

 

しかし、精巣から分泌されるテストステロンは20代をピークにして減少し始め、これが年齢を重ねるにつれて性衝動が衰えていく大きな原因なのです。

 

男性ホルモンの分泌量の減少スピードには個人差があるため、年齢を重ねても性欲が活発で元気だという方は分泌量がそこまで減少していないと説明できます。

 

仮に、AGAの遺伝要素を持っていない方の体内でテストステロンが増えたとしても、脱毛を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)が比例して増えるわけではないので、抜け毛や薄毛が酷くなることはないのです。

 

むしろ、テストステロンが減少して身体的にも精神的にも良くない影響を与えるだけではなく、DHTの生産量が増加する懸念があるとも言われているので、興奮するような行為を意識的に避けて男性ホルモンを減らすような試みは避けた方が良いでしょう。

 

AGAを改善するにはDHTの影響から毛周期を守るというケアが必要となり、そのためには5α-リダクターゼの働きを抑えるのが大事なので、湘南美容外科クリニックで処方されているプロペシアの服用をおすすめします。

 

このクリニックに限った話ではなくどの病院でもプロペシアの処方を実施しており、飲む育毛剤で5α-リダクターゼを抑制して髪の毛の脱毛やミニチュア化を防いでくれるのです。

 

湘南美容外科クリニックであればAGAの治療薬のヘアリキッドや、毛根から移植する自毛植毛など、個人の症状に合わせた治療を施せるのでまずは無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAの原因」に関するページ