AGAとストレス

AGAとストレスについて

ストレス

基本的にAGA(男性型脱毛症)の直接的な原因は男性ホルモンや遺伝が考えられるものの、普段の生活で溜まるストレスも症状を悪化させる要因の一つとなっております。

 

ストレスが溜まるような生活を送っている方は、男性ホルモンの影響にプラスアルファして抜け毛が引き起こされやすく、AGAの症状が悪化するという仕組みです。

 

人間はストレスが加わると自律神経のバランスが乱れて血液の流れが悪くなり、血管の収縮を引き起こして毛髪を生成している毛母細胞に十分な栄養素を送れなくなるという特徴があります。

 

ヘアサイクルが乱れて髪の毛が抜けやすくなり、丈夫な毛髪が生えなくなる説も考えられており、どちらにしても薄毛を進行させることには違いありません。

 

それに、イライラするような精神的なストレスを強く感じていると男性ホルモンのテストステロンが活性化し、脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されやすくなるので、AGAと密接な関係性があると説明できます。

 

このように、ストレスといった環境的な要因もAGAと深く関わっているため、毎日の生活で上手く発散させた方が良いでしょう。

 

当サイトでご紹介しているルネッサンスクリニックでAGAの治療に取り組んでいたとしても、ストレスの溜まる生活を改善しなければ本来の効果を得られなくなります。

 

プロペシアの処方や自毛植毛といった有効な治療が意味のないものになってしまうので、ルネッサンスクリニックで処置を施してもらうと同時に自分の生活習慣も今一度見直すようにしてください。

 

 

>>> ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、ストレスによって頭皮に流れる血液の流れが悪くなり、健康な髪の毛が育ちにくくなれば必然的に抜け毛の量は増えるため、AGAの症状が促される可能性は高まります。

 

しかも、抜け毛や薄毛が引き起こされていること自体にストレスを感じ、症状を悪化させているという負のスパイラルに陥っている方も意外と多いのです。

 

それに、ストレスを感じるとアドレナリンが大量に分泌され、頭皮から出る皮脂を粘性のある過酸化脂質に変え、毛穴の中に詰まって痒みやニキビといった肌荒れを引き起こす原因ともなります。

 

ストレス自体が身体に良くないですし、「ストレスは万病の元」とも考えられているので、趣味や運動といった時間を増やしてリフレッシュを行い、毎日の生活でストレスが溜まらないような対策を練りましょう。

 

下記の項目にチェックがたくさん付くという方は、ストレスが溜まっている可能性が非常に高いので、意識的に発散させるべきです。

 

 

  • 身体の疲れを感じることが多い
  • 食欲がない
  • 寂しいと感じることが多い
  • 身体が落ち着かないような感じがする
  • 対人関係が悪くなってきた
  • 仕事が忙しすぎて休息を取る暇がない
  • 人を信じることができない
  • 運動不足に陥っている
  • 憂鬱な気分が続いている
  • 集中力が続かない
  • 我慢していることがたくさんある
  • 何に対してもやる気が湧かない

「AGAの原因」に関するページ