AGAと血行不良

AGAと血行不良について

育毛剤や育毛シャンプーを販売しているメーカーの中には、頭皮の血行促進によって発毛効果を高められると記載していることがあります。

 

確かに、血行不良によって毛細血管の血流が鈍くなり、毛乳頭に栄養素が届かなくなれば毛髪が育ちにくくなるものの、AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンの作用が大きく関わっているのです。

 

男性ホルモンのテストステロンが酵素の働きによってDHTに変換され、その影響で発毛が抑制されてAGAを発症することが分かっております。

 

そのため、血行不良による毛髪の生成の活動低下は、医学的・科学的に決定打となる実証がないということを心得ておかなければなりません。

 

とは言え、血行不良によって髪の毛に栄養素が行き渡りにくくなるのは事実ですし、私たちの毛髪は18種類のアミノ酸で構成されているため、丈夫に育つためには酸素や栄養素が不可欠だと説明できます。

 

育毛にとって血行不良を改善して血行促進を図るのは重要な要素の一つだと言えますし、AGAの根本的な改善に至らないとしても、抜け毛の量を少しでも抑えるような対処は大事なのです。

 

しかし、頭皮マッサージで血行不良を改善しても、毛根から新たに髪の毛が育つことはないので、AGAの治療はこのサイトでご紹介している湘南美容外科クリニックといった専門の病院で行うようにしましょう。

 

症状が進行したM字ハゲや頭頂部ハゲに悩まされている男性でも、今の自分の頭皮に残っている髪の毛を脱毛部分に移植する自毛植毛手術で改善できます。

 

軽度の症状の方は高い手術費用がかかる自毛植毛ではなく、内服薬や外用薬の処方でAGAの治療を行っていくことができるので、自分の状態を専門医に診てもらうためにも湘南美容外科クリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、AGAの直接的な原因にならないとしても、肩や首といった部位の血行不良によって抜け毛が増えやすいと懸念されております。

 

肩や首の血行不良によって乳酸が溜まると、同時に疲労物質も蓄積されて酸素供給が減り、頭皮にも血液が行き届きにくくなって育つはずの髪の毛が抜けやすくなるという仕組みです。

 

簡単に説明すると、「首や肩の血行不良が生じる」→「首こりや肩こりが酷くなる」→「頭皮の血行不良も同時に生じる」→「十分に育っていない髪の毛が抜ける」→「薄毛が目立つようになる」という流れになります。

 

デスクワークを長時間に渡って行っている方は同じ姿勢を維持しやすく、肩や首といった部位が血行不良に陥って凝りが生じやすくなるので注意しなければなりません。

 

他にも、ストレスが溜まっている方は血管が収縮し、自律神経の交感神経が活発になって頭皮の血流も悪くなるのでAGAの症状が進行しやすいのです。

 

血行促進に役立つグッズの一つがスカルプケアが行える育毛シャンプーとなっており、AGAを克服できないとしても潤いと弾力を与えて頭皮環境を整えられるので、通販で販売されている製品を購入して使ってみてください。


「AGAの原因」に関するページ