AGAと飲酒

AGAと飲酒について

飲酒

飲酒は髪の毛にとって良くないという噂が流れており、抜け毛や薄毛を引き起こすAGAの原因となるのではないかと考えている方がいらっしゃいますが、これは残念ながら間違っております。

 

もちろん、過度の飲酒はアルコール中毒のリスクが上昇しますし、AGAの直接的な原因にならないとしても毛髪の生成に欠かせないシスティンやメチオニンという成分がアルコールの分解に使われるので、多少なりとも髪の毛に悪影響が生じるのです。

 

しかし、適度な飲酒であればほろ酔い気分となってストレスの発症に繋がりますし、身体をポカポカと温めて血行を促進してくれます。

 

身体全体の血行が促進されれば必然的に頭皮の血液の流れも自然と良くなり、髪の毛の生成に必要な酸素や栄養素が行き渡りやすくなるので抜け毛の予防に繋がるというわけです。

 

しかも、医学的に飲酒によって人体に影響のない程度で男性ホルモンの分泌量が減少することが分かっており、AGAは悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)による影響で発症するため、アルコールの摂取が症状の改善に繋がるかもしれません。

 

他にも、適度にアルコールを体内に取り入れていれば、血流改善や善玉コレステロールの増加によって寿命を延ばす効果があるという研究結果も出ており、体調面においてもプラス要素だと説明できます。

 

それでも、飲み過ぎには十分に注意しなければならず、アルコールを分解するアセドアルデヒドの量は個人差があるのでお酒の許容量は異なるものの、肝臓に大きな負担がかかるのは紛れもない事実です。

 

髪の毛を生成しているのはタンパク質の一種であるケラチンで、これは肝臓で作っているため過度の飲酒で生成されにくくなればAGAの悪化に繋がります。

 

既にAGAを発症している方は毛周期が乱れていて少しずつ薄毛は進行しており、その状態で追い討ちをかけるように過度の飲酒をすれば抜け毛の状態が酷くなりやすいというのは少し考えればお分かり頂けるかもしれません。

 

脳が麻痺して最悪の場合は死に至ったり、ビタミンが欠乏して体調不良に悩まされたりと、何事も過度の摂取は身体に害を及ぼすので、AGAで悩まされていない男性の方でも程ほどの飲酒を心掛けるべきです。

 

ほろ酔い程度の飲酒であれば身体に悪影響は一切ないので、クリニックでAGAの治療を受けていてもアルコールの摂取は可能となっております。

 

当サイトでご紹介しているルネッサンスクリニックであれば、あなたに適したAGAの治療とともに、飲酒を含むライフスタイルの改善も指摘してくれるはずなので、是非無料カウンセリングをインターネットから予約してみてください。

 

 

>>> ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAの原因」に関するページ