AGAと遺伝

AGAと遺伝について

薄毛を引き起こすのは様々な要因が絡み合った結果なので一概には説明することができませんが、AGA(男性型脱毛症)の原因の一つが遺伝だと考えられております。

 

AGAを進行させる上で遺伝がかなりのウェートを占めているのは間違いなく、ハゲ自体が遺伝するのではなくハゲやすい体質が遺伝すると説明するのが正解です。

 

ドイツ・ボン大学の研究チームは、AGAと遺伝にどのような関係性があるのか調べるために頭髪が薄くなり始めた男性の家系の血液を分析する調査を行い、その結果をアメリカの専門誌のアメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクスに記載しました。

 

その専門誌によると、若い段階でAGAによって頭髪が薄くなりやすい人はX染色体に存在している受容体遺伝子のアンドロゲンが目立ち、その働きで髪の毛を生成する力が弱まって抜けやすくなると書かれております。

 

男性は誰でもX染色体とY染色体の2種類を持ち合わせており、X染色体は母親から受け継ぐため母親の祖父の薄毛状態に左右されやすいというわけです。

 

しかし、研究チームも遺伝が全てではないことを示しており、脱毛を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)の感受性が高いかどうかは母方の遺伝による影響が強いものの、薄毛の原因の全てではありません。

 

同じ親から生まれた兄弟でも、薄毛になる人とそうではない人がいらっしゃいますし、遺伝によるAGAが原因ではなく毎日の生活習慣に薄毛の原因が隠れていることもあるのです。

 

「動物性脂肪を好んで食べる傾向がある」という人は髪の毛に栄養分が行き届かない状況が続いておりますし、「運動不足の期間が長く続いている」という人は血行不良によって毛髪の健康が損なわれている可能性があります。

 

他にも、アルコールを大量に摂取していたりヘビースモーカーだったりという方は、自分から抜け毛を引き起こしやすく薄毛になりやすい状態を作っていることになるので、遺伝が全てではないことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

AGAを既に発症しているのか、そしてAGAになりやすい体質かどうか判断するのは自分では不可能なので、当サイトでご紹介しているルネッサンスクリニックを受診してみるべきです。

 

高解像度のスコープで頭皮の状態を検査するマイクロスコープ検査や、AGAの発症のリスクを調べる遺伝子検査が行われており、専門医の方が一緒に今後どのような対策を打てば良いのか親身になって考えてくれます。

 

ルネッサンスクリニックならではの治療でAGAを克服していくこともできるので、抜け毛や薄毛といった悩みを抱えている方はまずは気軽に無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAの原因」に関するページ