AGAとホルモンバランス

AGAとホルモンバランスについて

ホルモンバランスが崩れたことが原因でAGA(男性型脱毛症)を発症するケースが実に多く、酵素の5αリダクターゼがテストステロンと結合してDHT(ジヒドロテストロン)という脱毛の原因物質に変化します。

 

私たちの頭皮に存在している毛乳頭内部には、アンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体があり、この結合によってDHTが産生されて強力な発毛抑制作用が生じ、AGAが進行していくという流れです。

 

DHTは髪の毛の成長を阻害する脱毛スイッチを入れるという特徴があり、その影響で毛母細胞に栄養素を届ける必要がないと判断されて血流低下が生じ、髪の毛へと栄養供給がストップします。

 

5αリダクターゼの影響が強く、DHTがホルモンバランスを崩すと通常は2年から6年の毛周期が数ヶ月から1年と短くなり、長く育つはずだった髪の毛が早々に抜け落ちることで薄毛が進行していくのです。

 

ホルモンバランスが原因のAGAは前頭部や頭頂部から発症するという特徴があり、これはホルモンが与える部位に違いが生じているからだと説明できるでしょう。

 

男性の身体の中でも女性ホルモンは分泌されており、側頭部と後頭部に影響しているのでこの部位は薄毛になりにくいものの、男性ホルモンは前頭部と頭頂部に影響するので生え際の後退や頭頂部のハゲといった症状がAGAには多いのです。

 

根本的にAGAはホルモンバランスの影響を強く受け、一度発症すれば食生活を改めたり運動を心掛けたりしても進行を食い止めるのには限界があるため、DHTを生み出す5αリダクターゼを制御しなければなりません。

 

そこで、湘南美容外科クリニックでは5αリダクターゼを抑制するプロペシアの処方が行われており、AGAの治療薬として日本だけではなく世界的にも注目を集めております。

 

他にも、最新のロボットのARTAS(アルタス)を使った安全性の高い自毛植毛も取り入れているので、まずは湘南美容外科クリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、上記で説明したようにホルモンバランスが原因のAGAは仕方がなく、絶対に引き起こされないようにする予防法は現代では存在しません。

 

AGAが発症すれば進行性の脱毛サイクルに切り替わっており、毛周期が自然と短くなっているので、生活習慣の改善といった表面的な努力を行ったとしても完全には食い止めることができないのです。

 

そのため、既にAGAを発症している方はホルモンバランスを整えるケアではなく、DHTを作り出す酵素の活性を抑える対策を練らなければならないので、そのサポートをしてくれるプロペシアの服用が適しております。

 

ジヒドロテストステロンの産生を抑制できれば発毛抑制作用を根本的にシャットアウトできますし、正常なヘアサイクルへと導くことで進行を阻止できるというわけです。

 

しかし、死んだ毛根から新たに髪の毛を生やすのは医薬品の力を借りて難しいので、AGAが進行して薄毛が酷くなった方はプロペシアではなく、クリニックで実施されている自毛植毛といった手術も選択肢の一つとして考慮してみてください。


「AGAの原因」に関するページ