AGAとドライヤー

AGAとドライヤーについて

ドライヤー

ドライヤーをかけることで髪の毛や頭皮にダメージが加わりやすいというイメージを持っている方が多いものの、適切な使用方法であれば抜け毛の原因になることはないですし、AGAの要因になることもありません。

 

むしろ髪の毛を乾燥させずに寝てしまうことで傷付きやすくなり、枕といった部分と接触し合って切れ毛や抜け毛の原因となります。

 

AGAの直接的な原因にならないとしても、抜け毛が増えれば薄毛の症状は少なからず進行してしまうため、お風呂上りに髪の毛を濡らしたまま放置するのではなく、きちんとドライヤーで乾かした方が良いのです。

 

とは言え、温風を長い時間に渡って髪の毛に当てていると少なからずダメージが生じるかもしれないので、最初にタオルドライで余計な水分を拭き取って短時間で済ませるようにしましょう。

 

タオルドライで髪の毛を半分程度乾燥させておけばドライヤーの使用時間を短縮させることができますし、必要以上に髪の毛に損傷を与えずに済みます。

 

そして、高温の温風を当てるとダメージが加わるリスクが高くなるので、ちょっと温かいかなと感じる低温でサっと乾かし、髪の毛が濡れたままの状態をできる限り避けるべきです。

 

他にも、ドライヤーの温度に気を配っていても、1ヵ所に集中して当てていると頭皮が乾燥しすぎて痒みや皮脂の増加といったトラブルを引き起こし、AGAの症状が進行する大きな原因となります。

 

そのため、一箇所に当てすぎないように髪の毛全体に温風が行き渡るように乾かし、髪の毛を持ち上げて根元から乾かすという方法がベストかもしれません。

 

お風呂上りに髪の毛が濡れていることで抜け毛が増えるだけではなく、血行不良を引き起こして髪の毛の表面のキューティクルが剥がれやすくなります。

 

髪の毛の表面を覆っているキューティクルがしっかりと整っていれば、ツヤや柔軟性が加わって健康的な状態だと言えるので、ドライヤーを使用して水分をきちんと拭き取らなければならないのです。

 

キューティクルが破壊されるのは70℃以上の温度なので、髪の毛と20センチ以上離して高温にし過ぎないようにドライヤーをかけた方が良いことはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

以上のような点に注意していれば健康的な頭皮と髪の毛を手に入れられるので抜け毛を少しでも減らすことができ、AGAの進行スピードも多少は遅くなるはずです。

 

育毛剤を使ってAGAの治療を行っている場合、髪の毛が濡れたまま使用していると水分で成分が薄められて本来の効果が発揮されませんし、成分が浸透しにくく毛根まで行き渡らなくなるので、ドライヤーを使って丁寧に乾かすクセをつけてください。

 

下記では、上記で説明したドライヤーの使い方のポイントを簡潔にまとめたので、AGAに悩まされていない男性の方もチェックしておくべきです。

 

 

  • ドライヤーをかける前に水分を軽く拭き取る
  • 髪の毛の根元部分から乾かしていく
  • 温風の温度を上げすぎない
  • 1箇所に集中して当てすぎないようにする
  • 髪の毛と20セントメートル以上は離して乾かす
  • 髪の毛全体に風を送るような感覚で乾かす

 

 

 

>>>AGAの治療を湘南美容外科クリニックで受けたい方はコチラ


「AGAの原因」に関するページ