AGAと5αリダクターゼ

AGAと5αリダクターゼについて

AGA(男性型脱毛症)の黒幕とも言われているのが5αリダクターゼで、これは男性ホルモンをより強力にする酵素です。

 

抜け毛や薄毛が進行するAGAは男性ホルモンが原因だと考えている方がいらっしゃいますが、その考えは間違っております。

 

完全に間違いではないものの、男性ホルモンの一種であるテストステロンが毛乳頭や皮脂腺に存在している5αリダクターゼの作用によってDHT(ジヒドロテストステロン)へと変わり、抜け毛や薄毛を引き起こしているのです。

 

つまり、5αリダクターゼという酵素さえ体内に存在しなければ、AGAを発症することはないと言えるのではないでしょうか。

 

遺伝によってAGAが引き起こされやすいと言われているのは、還元酵素の5αリダクターゼが多く生成される体質を受け継ぐからで、男性ホルモンがDHTに変換されやすいことで薄毛の原因に繋がります。

 

5αリダクターゼは全身の細胞に存在しているT型と前頭部や前立腺といった限られた部位に存在するU型に分けられ、最近の研究によってU型が強力にAGAに影響を与えていることが分かりました。

 

このU型5αリダクターゼを抑制しなければ生活習慣の見直しを図ってもAGAは改善されないということで、プロペシアの服用をおすすめします。

 

日本皮膚科学会でAGAの治療として推奨されているプロペシアは、U型5αリダクターゼの抑制効果があるため、DHTに変換されるのを防いで抜け毛を減らしてくれるのです。

 

当サイトでご紹介しているルネッサンスクリニックでもプロペシアを使ったAGAの治療が行われており、専門医のアドバイスを取り入れながら薄毛を克服していくことができるので、一度無料カウンセリングを受けに足を運んでみてください。

 

 

>>> ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、男性ホルモンを脱毛を引き起こすDHTに変えるということで、5αリダクターゼが迷惑な酵素だと感じている男性の方はいらっしゃるはずです。

 

しかし、身体にとって不必要な酵素というわけではなく、筋肉や骨の構成、性欲の上昇、精子の生成といった重要な働きを担っているテストステロンの補助的な役割を果たしております。

 

つまり、5αリダクターゼがなければ男性ホルモンは本来の働きを全うすることができないため、身体に害を及ぼす存在というわけではありません。

 

それでも、AGAを引き起こす要因なのには変わりありませんし、体質的に多いという方は抜け毛や薄毛を抑制するためにも、上記でご紹介したプロペシアといった医薬品で対処しなければならないのです。


「AGAの原因」に関するページ