ジェネリックによるAGAの費用

ジェネリックによるAGAの費用について

AGAの治療費用を少しでも抑えたいということで、プロペシアではなくジェネリック医薬品を購入して服用している男性の方は意外と多くいらっしゃいます。

 

AGAの治療自体はプロペシアに限らず病気や怪我とは違って生命活動に支障を来たさないということで、保険が適用されず全ての費用を自己負担しなければならないのです。

 

プロペシアの1ヶ月にかかる費用は病院での処方で約7,500円、個人輸入代行業者の利用で約5,500円とそこまで高くないものの、毎日飲み続けなければならないので、長期的な目で見れば意外と大きな出費となります。

 

そこで、その費用を抑えるための方法がジェネリック医薬品の使用で、正規品と比べて新薬の開発費用が不要となり、圧倒的に安い価格で同じ成分が含まれた医薬品を手に入れることができるのです。

 

本当に新薬と同じ効き目があるかどうか、ジェネリック医薬品が認可されるまでには溶け方を比べる溶出試験や、品質の管理の品質再評価など幾つかの試験が行われているので、先発医薬品と比べて副作用が強くなることはありません。

 

同一成分が含まれたジェネリック医薬品であれば、約4割〜7割程度の費用でAGAの治療を行っていくことができますし、薬の種類によっては10分の1程度の費用まで下がることもあります。

 

プロペシアの有名なジェネリック医薬品としては、フィンペシア(1箱100錠で3,100円)、エフペシア(1箱100錠で3,700円)、フィナロ(1箱100錠2,100円)が挙げられ、1箱30錠で5,500円のプロペシアと比べて遥かに安い費用だとお分かり頂けるはずです。

 

基本的にどの種類の医薬品でも、日本の厚生労働省で認可されていないということで医師の処方ではなく、インターネットから個人輸入代行業者を利用して手に入れる形となっております。

 

当サイトでもオオサカ堂をご紹介しており、AGAの治療薬として活用できるプロペシアのジェネリック医薬品が販売されているので、通販で購入してみてください。

 

 

>>> オオサカ堂の詳細はこちら

 

 

さて、AGA治療は専門クリニックでの手術以外はある程度の期間に渡って継続しなければならず、かかる費用がネックになるという方はいらっしゃいます。

 

毎月処方してもらわなければならないプロペシアも一緒で、1ヶ月当たりの費用はそこまで高くないとしても、1年2年と積み重なれば意外と大きな値段になるので負担となるのではないでしょうか。

 

ジェネリック医薬品の使用であればその費用を1割程度に抑えられるので、お財布に負担をかけることなくAGAを克服していくことができるのです。

 

プロペシアの院内処方の場合は1年間で約105,000円、個人輸入代行業者の利用でも約72,000円がかかるものの、ジェネリック医薬品としても有名なフィンペシアであれば約10,000円で済みます。

 

以上のような説明を聞いていると、「正規品のプロペシアを服用する意味はないのでは?」と考える方がいらっしゃいますが、決してそんなわけではありません。

 

副作用のリスクや含まれている成分が一緒だとしても、医薬品は私たちの想像以上にデリケートで、製造している国や機械といった環境が異なるだけでも品質が大きく左右されます。

 

それに、あまり名前の知られていない輸入代行サイトを利用し、注文した薬がしっかりと届けられなかったりお金を支払った後に逃げられたりと、様々なトラブルが報告されているので、十分な実績があるところでジェネリック医薬品を購入するべきです。