手遅れのAGAは治せるの?

手遅れのAGAは治せるの?

「手遅れになったAGA(男性型脱毛症)は治せるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

手遅れがどのような状態なのかによって異なるものの、クリニックの治療でも回復できないケースもあるので注意が必要です。

 

手遅れなケースは毛根の毛母細胞の寿命が尽きたときで、ここが死んでしまったらどんなに効果の高い育毛剤を塗布したとしても髪の毛が生えてくることはありません。

 

AGAの症状が進行していくと毛母細胞が死んでしまい、50回という細胞分裂の回数が限界となっております。

 

1回の細胞分裂にかかる期間は大よそ2年間から6年間と言われており、この期間で私たちの髪の毛は抜けたり生えたりというサイクルを繰り返しており、どんなに多くても50回というわけです。

 

個人によってはもっと少ない回数で毛母細胞は寿命に達しますし、AGAを発症している方はヘアサイクルが半年間から1年間と短いため、人間の寿命が尽きる前に毛母細胞が死んで薄毛が引き起こされます。

 

つまり、毛母細胞が死んでしまったら手遅れになるため、寿命が尽きる前に対策を行ってAGAを治療していくのが重要だと言えるのではないでしょうか。

 

しかし、毛母細胞が生きているのか死んでいるのか見た目では判断できないですし、自分では手遅れだと思っていても活性化させれば髪の毛を生やして薄毛を改善できるかもしれないので、諦めずにまずはAGA専門のクリニックを受診してみるべきです。

 

このサイトではAGAの治療を行っている湘南美容外科クリニックを受診しており、患者さんの立場に立った無料カウンセリングが行われているので、髪の毛の悩みを抱えている方は一度訪れてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、手遅れになったAGAを治すのは不可能で、プロペシアを服用したりミノキシジルが含まれた育毛剤を使ったりしても意味がありません。

 

既に髪の毛の根源とも言える毛母細胞が死んでいる状態なので、どんなケアを施したとしても改善されないというわけです。

 

しかし、頭頂部や生え際の毛根が死んで新しい髪の毛が生えてこないとしても、側頭部や後頭部の毛髪が残っているのであれば、クリニックで自毛植毛と呼ばれる手術を行うことができます。

 

自毛植毛は既に自分の頭皮に生えている髪の毛を別の場所に移植するという画期的な手術で、既に欧米では積極的に取り入れられているAGAの治療法なのです。

 

日本ではプロペシアの服用と比べればまだまだマイナーな治療ですが、この手術を受けられるクリニックは少しずつ増えているので、手遅れだと自分の中で判断しないで専門医の意見を一度聞いてみてください。


「AGAのFAQ」に関するページ