AGAの治療薬は飲み忘れてはいけないの?

AGAの治療薬は飲み忘れてはいけないの?

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として一般的なのがプロペシアで、薄毛の原因となるDHTが生成されないように施してくれます。

 

しかし、プロペシアは1日1錠を毎日飲み続けなければ効果があらわれないため、飲み忘れには十分に注意しなければならないのです。

 

絶対に飲み忘れてはいけないわけではありませんが、1日でも服用をやめれば体内でDHTが生成されやすくなり、AGAの症状は進行してしまいます。

 

前日にプロペシアを飲み忘れたからといって、その日に2粒を服用すれば良いという単純な話ではなく、1日に1錠という用量は常に守るようにしましょう。

 

服用量を増やしても直ぐに抜け毛が抑えられてAGAが改善していくわけではありませんし、長期間の服用によって少しずつ効果が出てくるので、飲み忘れをできる限り避けることが重要だとお分かり頂けるはずです。

 

AGAの治療薬はプロペシアだけではなくアボルブなども挙げられ、その種類に関しても特に飲むタイミングに関しては定められておりません。

 

クリニックで処方される場合は朝昼晩のいつでも飲めると医師から説明を受けるはずですし、これが治療を長期的に続けていきやすい大きな理由だと説明できます。

 

とは言え、毎日飲む時間帯が異なっていると飲み忘れが起こりやすいですし、有効成分の体内濃度を一定に保つのがAGAの治療効果を引き上げるコツなので、24時間のサイクルで飲み続けるべきです。

 

「プロペシアは寝る前に飲む」「毎日寝起きの6時に服用する」と自分の生活の中にしみ込ませていれば、24時間サイクルで飲み続けるのはそこまで難しくないでしょう。

 

もちろん、1日や2日程度飲み忘れたくらいで抜け毛や薄毛の症状が一気に進行することはなく、見た目状の変化は特にないはずです。

 

それでも、プロペシアが薄毛の進行を食い止めるという意味で約98%の効果が得られるのは、毎日欠かさずに服用することが最低条件なので、治療にかかる費用を抑えたいからと2日に1回の服用ではその効果を実感できずに無駄な時間を過ごしてしまいます。

 

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでも1ヶ月当たり4,200円でプロペシアの処方が行われており、事前に飲み方についての説明を受けるはずなので、しっかりとメモを取って心得ておくべきです。

 

プロペシアの服用だけではなく、湘南美容外科クリニックで行われているスマートメソや自毛植毛を駆使すればより短期間でAGAを克服できるはずなので、医師の指示に従いながら利用してみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAのFAQ」に関するページ