AGAの治療は何科?

AGAの治療は何科で受けるの?

以前はテレビのコマーシャルで、「30代の抜け毛や薄毛はお医者さんに相談だ〜」というフレーズが使われており、AGA(男性型脱毛症)という言葉が広く認識されるようになりました。

 

しかし、お医者さんに相談と言っても、AGAの治療を何科で受ければ良いのか疑問を抱えている方は実に多いはずです。

 

AGAを治療していくには基本的にプロペシアやミノキシジルといった医薬品の服用が中心ということで、内科でも皮膚科でも処方してもらうことができます

 

。頭皮も皮膚の一種ということで、AGAの治療は皮膚科で受けるのが最適だと言われており、少し考えればお分かり頂けることかもしれません。

 

受付でAGAという言葉を使わなくても、「脱毛が多いので診断してもらいたい」「薄毛で困っているので診て欲しい」と医師に伝えれば診察を行ってくれます。

 

ただし、全ての内科や皮膚科でAGAの治療に使われるプロペシアやミノキシジルの処方が行われているわけではないので、事前に電話をしてみたりホームページを確認してみたりするべきです。

 

何科にかかれば良いのか分からないのであれば、このように内科や皮膚科で診てもらうことはできるものの、AGA治療においての専門家ではない可能性があります。

 

どの科でも病院なので薬の処方自体は行うことができたとしても、AGAがどのように引き起こされどのような最先端の治療を行うのがあなたにとってのベストな方法なのか把握できていないケースもあるでしょう。

 

高い費用をかけて治療をしてきたのに変化が得られなかったということもあるので、AGAの専門クリニックを受診して治療を受けるのがベストな方法です。

 

仮に、最初は内科や皮膚科といった病院と同じように医薬品の処方しか受けられなくても、精密な遺伝子検査や血液検査によって個人のAGAの進行度を調べてくれます。

 

その結果を見て医薬品の処方以外の治療法も提供してくれますし、何よりもAGAという病気に関するエキスパートなので生活習慣に関する細かいアドバイスも同時に受けられるはずです。

 

抜け毛や薄毛をより効果的に改善できるように、独自に配合した薬を処方したり頭皮に直接注入したりする治療法を採用している専門クリニックも少なくありません。

 

もちろん、通院のしやすさという点を重視するのであれば、遠い場所に位置しているAGA専門のクリニックではなく、お近くの内科や皮膚科を受診するのは選択肢の一つとなっております。

 

「治療の効果や専門性を重視するのか」「通院のしやすさといった利便性を重視するのか」というのは個人の判断によって異なるので、何を基準にしてAGAを治療していくのかゆっくりと考えてみましょう。

 

前者を重要視しているという方には、このサイトでご紹介している湘南美容外科クリニックをおすすめします。

 

湘南美容外科クリニックにはAGA治療の専門的な知識を持ったエキスパートが集められており、個人の症状に合わせて幾つもの治療法が採用されているので、何科を受診すれば良いのか分からない方は一度無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAのFAQ」に関するページ